XML-Sitemapは、必ずインストールすべきとても重要なプラグインです。

聞いたことのない単語で難しく感じるかもしれませんが、
この記事を参考に作業してもらえばすぐにできますのでご安心ください!

今回はそんなXML-Sitemapの使い方、
さらにはSearch Consoleと連携する方法までをご紹介していきたいと思います。

XML-Sitemapってなに?

まず、XML-Sitemap(正式名称はGoogle XML-Sitemap)
の意味や役割についてご紹介していきたいと思います。

XML-Sitemapとは簡単にいうと、”検索エンジンを巡回するクローラーのための目次”です。

通常であれば、検索エンジンを定期的に巡回するクローラーが記事の投稿や更新に
気づいた時にその記事がインデックスされるという流れになっています。

そこでXML-Sitemapを導入しておくことにより、こちらから
更新したので気づいてくださーい!」というメッセージを送信できるようになります。

そうしますと、投稿した記事にクローラーが普段より早く気づきことができ、
結果的にインデックス速度をあげる期待がもてるようになるということです。

クローラーはXML-Sitemapで得られた情報をもとに巡回をしていますので、
これはサイト運営には絶対に欠かせないプラグインといえますね。

また、投稿した記事を速くインデックスさせるための別の方法もありますのでこちらもぜひご参考ください。

参考記事:Fetch as Googleを使ってインデックス速度を上げよう!

XML-Sitemapをインストール

まずはいつものようにプラグインをインストールしていきます。

ダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」、検索窓に「Google XML-Sitemap」と打ち込み
インストールが完了したら有効化まで忘れずにしていきます。

*検索窓には「Google」の文字を忘れずに入力してください。

 

XML-Sitemap 使い方

 

「設定」の中に「XML-Sitemap」が表示されましたでしょうか?

ここから「Search Console」と連携する方法をお伝えしていきますので、
「Search Console」をまだインストールしていないという方は、まずそちらを済ませましょう。

参考記事:Search Consoleの登録方法

XML-SitemapとSearch Consoleを連携する方法

XML-Sitemap、Search Consoleのインストールが済んだら、
Search Consoleにサイトマップを送信する必要があります。

ここまでを完了しないと、クローラーに更新情報を伝えることができないのでご注意ください。

その設定につきましては、こちらの記事に詳しく書いてありますのでぜひご参考くださいね^^

参考記事:Search Consoleにサイトマップを送信する方法

これが済みますと、いよいよサイト運営にとってとても大事な機能の力が発揮されるようになりますよ!

最後に

以上で、XML-Sitemapの解説記事は終わりになります。

しっかりと設定はできましたでしょうか?

少し難しく感じるかもしれませんが、
これらは今後のビジネスにもとても大事な役割を果たしてくれますので、
根気強く作業していきましょう!

誰もが通る道なので、不安を抱くことなく前に進んでいきましょうね!^^