東京都内 カフェ 座れない

そろそろ夏が近づき、だいぶ蒸し暑くなってきたということで、街を歩いているとカフェで休みたくなることも多くなるかと思います。

でもそんな時、東京都内では、サッと入れてゆっくり休めるようなカフェってなかなかないですよね?

ノマドワーカーにとっても、東京都内のカフェで作業をしようとすると、まず場所選びに苦労することが多いです。

僕は以前大阪に行った時、日曜日なのにどこのカフェも空いていて、やっぱり東京は次元が違うなあと思ったことがありました(笑)

そこで今回は、東京都内でカフェ選びに困った時、またはカフェで作業をしようと思った時にオススメのカフェを紹介していきたいと思います。

まぁ皆さんご存知の『ルノワール』なのですが、ココは意外と穴場であり、また電源やWi-Fiも完備されているので、休みたい時や作業をする時、いずれにしてもオススメです!

東京都内のカフェはどこも混んでいる…

東京都内のカフェって、本当にどこも混んでいますよね。

特に都心の場合、平日であっても混んでいることが多く、座りたい時になかなか座れない…といった状況になってしまうことが多いです。

そこで穴場のカフェを調べてみると、店舗数が少なかったり、そもそも特定の場所にしかなかったりと、穴場ではあっても行けないということもよくありますよね。

そんな時にオススメなのが、『ルノワール』というカフェです。

コーヒーの金額がちょっとだけ高いイメージがあったり、『ノマドワーカー=スタバ!』みたいなイメージから、あまりルノワールで作業するということは考えないのではないでしょうか?

でも意外とルノワールはいつも空いていて、しかもWi-Fiや電源もあるということで、ちょっとした休憩やノマドーワークにもオススメなんじゃないかなーと、最近僕は思っているわけです。

穴場のカフェであるルノワール

まずは、東京都内にあるルノワールをご紹介します。

こちらをご覧ください。

店舗数はかなり多いですよね。

また、同じ地域に何店舗も存在することから、もしも一つのルノワールが混んでいても別の店舗に行けば空いているという可能性が高いです。

ちょっと単価が高いというイメージもありますが、600円から700円ほどでコーヒーが飲めますので、さほど大差はないんじゃなないかなと思います。

そしてルノワールには、こちらの二つも完備されています。

Wi-Fiが3時間無料で使える

外で作業をするにあたっても、またはちょっとした休憩をする時でも、Wi-Fiがあるというのは嬉しいですよね!

接続すると3時間無料で使うことができ、3時間経ったらまた接続すればさらに3時間使うことができます。

接続方法ですが、何かを注文すると伝票を渡され、その裏にQRコードがあります。

それを読み取るか、もしくは記載されているアドレスに空メールを送ることによってサイトにアクセスすることができます。

そのサイトに空メールを送ると、

 

穴場 カフェ ルノワール 

 

このようなメールが送られてきます。

その中に『ゲストコード』が記載されていますので、これがWi-Fiのパスワードとなります。

ちなみにルノワールのWi-Fiは『Renoir_Miyama_Wi-Fi』ですので、これを探して選択し、このゲストコードを入力すれば接続することができます。

電源もある

これはテーブル席のみなのですが、電源もしっかりと完備されています。

長時間の作業をする時であったり、電源が少ないことに気づいた時など、とても便利ですね。

ちなみに、電源がある店舗はこちらです。

全ての店舗で電源が使えるということですね。

まとめ

今回は、東京都内で意外と空いている穴場なカフェ『ルノワール』について簡単にご紹介してきました。

僕自身も、ルノワールはなんとなく格式が高いイメージがあってあまり使ってこなかったのですが、雰囲気もとても落ち着いており、作業をするのには充分すぎるほど良い空間だなと感じて、最近は頻繁に使っています。

Wi-Fiや電源が使えること、または意外と空いていることが多いというのは大きなメリットですよね!

どこもかしこも混んでいることが多い東京都内のカフェの中で、ルノワールはそれをクリアしています。

なのでもし、『カフェ選びで毎回困るんだよな〜』というお悩みをお持ちの方はぜひ、今いる所でルノワールを探して使ってみてくださいね!