iphoneには、ios9から、充電が20%以下になると『低電力モード』に自動的に切り替えてくれる機能が加わりました。

この時に低電力モードに切り替えても良いのですが、あまり使わない時には自分から切り替えた方が良いですよね。

今回は、自分で好きな時に低電力モードに切り替える方法をご紹介していきます。

『設定』から低電力モードに切り替えよう

とても簡単なので、サクッと設定していきましょう。

まずはiphoneの『設定』から、

 

スマホ iphone 低電力モード

 

『バッテリー』を選択します。

その後、

 

スマホ iphone 低電力モード

 

『低電力モード』をこのようにオンにすればオッケーです。

これで低電力モードにに切り替えることができました。

低電力モードにするとどうなる?

Appleの発表では、低電力モードにするとバッテリーの持ちが1時間アップするということです。

たかが1時間、されど1時間ということで、けっこう大きな効果ですよね!

最長では3時間という報告もありますから、使用状況に合わせて変えていくとさらに効果的でしょう。

でもその分、低電力モード中は次のような状態になります。

・メールの取得が通知されない
・アプリのバックグラウンドでの更新がオフになる
・アプリの自動ダウンロードがされない
・一部のビジュアルエフェクトが制限される

これらを見る限りでは、あまり不便さは感じないかと思います。

実際に僕も低電力モードにすることは多々ありますが、特段のそれは感じません。

LINEやMessengerは通常通りに通知がきますから、問題はないですよね。

画面の明るさも全く変わりませんから、さほど影響はないように思います。

まあそこまで節約する必要はないかもしれませんが、気づいたら充電が減っていたり、寝る時に充電をし忘れて家を出る時に全然充電されていないという時などに、設定すると良いかもしれませんね。

必要に応じて、ご自身で切り替えていきましょう!