『他人の成功を素直に喜べない…。なんだか嫉妬するし、ちょっとだけむかつく…。』

こんな感情を抱いてしまう人はけっこう多いと思います。

実際に僕自身も、昔はかなりこういった感情がありました。他人がうまくいくのはなんだか許せなかったし、どちらかといったら自分だけが成功したい。そんなずる賢いことばかり考えていたと思います。

でもやっぱり、そう考えていた当時は全てがうまくいきませんでした。自分だけがと考えているうちは、自分すら幸せにすることはできないのです。

僕が起業をしていろいろと学んだことを交え、この記事でお伝えしていきたいと思います。

 

なぜ他人の成功を喜べないのか

他人 成功 喜べない

他人が何かで成功したりうまくいったりすることを、なぜ素直に喜ぶことができないのでしょうか。

その原因として一番に考えられるのは、『今の自分が嫌いだから』だと僕は思います。嫌いだからというと語弊があるかもしれませんが、簡単に言うと『今の自分や今の人生に、納得がいっていないから』ということですね。

例えば、すごく気が合っていつも仲良くしていた友達が、いきなり『起業する!』といって努力をし始めたとします。でもあなたには頑張る気はなく、ずっとその場にとどまっていたいと考えている。もしもこういう状況があったとしたら、あなたはその友達を素直に応援することができるでしょうか。

そしてその友達の努力が実を結び、収入も関わる人もどんどんとステージを上げていく。こうなったら多くの人はおそらく、その友達の成功を心から喜ぶことはできないでしょう。

このように、他人の成功を喜べないというのは、同じくらいのレベルだと思っていた人が急に自分とはかけ離れたステージにいってしまったり、自分よりも下に見ていた友達が自分よりも良い生活をするようになったり。

自分に対して劣等感を抱いた時に起こってしまう感情なんですね。

この時の考え方がその後の人生を左右する

他人 成功 喜べない

僕は、こういった感情は悪いものだとは思いません。人間なら誰もが抱く感情ですし、無理に抑えつけても湧き出てくるものは湧き出てきてしまうからです。

じゃあこんな時は一体どのように対処し、考えていけば良いのでしょうか?ここでどちらの道を選択するかが、その後の人生を大きく左右していきます。

嫉妬したままその人との関わりを無くすか

先ほどの例のように、仲の良かった友達が、いきなり自分とはかけ離れたステージにいってしまったとします。もしくはまだ結果は出ていなくても、毎日努力して生き生きとした人生を送るようになった。

こうなった時あなたは、『あいつはおれを裏切った』と、関係を断ち切ることを考えますか?『あいつは変わった』とか、『あいつは頭がおかしくなった』などと周りに伝え、変わらない自分を正当化しますか?

もしもこうするのであれば、あなたのこれからは何も変わりません。あなたは嫉妬し続けることを選び、あなたと同じように他人を否定する仲間とつるむ人生を今後も送っていくでしょう。

『悔しいから自分も頑張ろう』と思うのか

そんな努力をする友達を見たら、誰もが悔しい感情を抱くと思います。そんな時、あなたはその『悔しい感情』を原動力に変え、行動に移すことを選びますか?

僕自身は昔から、この感情をとても大切にしてきました。『あいつにできて自分にできないわけがない』とか、『自分だけ置いていかれるのはダサい』といった気持ちが大きくて、それをバネに行動してきたと思います。

嫉妬というネガティブな感情が出てくるのは仕方ない。だったらそれを原動力にして自分を変えていけばいい。そう考えることができれば、人生は必ずプラスに好転していきます。

”気にしない”のではなく”利用する”

他人 成功 喜べない

なので、僕がオススメするのは”気にしない”のではなく、”その感情を利用する”ということです。もちろん怒りをぶつけるというマイナスの行動ではなく、『悔しいからやるしかない』というプラスの行動です。

嫉妬という感情が出てきてしまうのは仕方ないのですから、気にしないようにと考えすぎるのは逆効果。だったらそれを受け入れて、自分の行動の原動力にしていきましょう。

結果や事実だけを見ない

他人 成功 喜べない

それでも嫉妬して行動に移せないのであれば、もう少し柔軟に考えてみましょう。

それは、

『結果や事実だけを見ない』ということです。

嫉妬している時というのは、うまくいっているという事実だけしか見えていないケースが多いです。つまりは、その友達が成功を掴むまでの過程が見えていない、ということ。

当たり前のことですが、何も努力せずに成功する人など一人もいません。その過程を知らないから(知ろうとしないから)、成功という事実に嫉妬してしまうのです。

努力や過程を知ることで、その友達がいかに頑張って成功を掴んだのかが理解でき、嫉妬ではなく尊敬という感情も出てくるでしょう。

結果だけを見て羨ましがるのではなく、そこに至るまでの過程を冷静に知ろうとすることが大切ですね。

最後に

他人 成功 喜べない

人はどんなにステージが上がっても、常に嫉妬という感情を持ち合わせています。完璧な人間なんていないし、自分にないものを必ず誰かがもっているからです。

逆に言えば、他人にはないものがあなたにはあります。どこかであなたを嫉妬している人はいるし、あなただけが人より全て劣っているということは絶対にあり得ないのです。

『他人の成功を喜べないなんて自分は悪い人間だ…。』などとは思う必要はないですが、それをどう捉えて行動に移すかが人生においてとても重要です。

嫉妬ばかりして行動に移さなければ人生は良くならないですし、嫉妬をエネルギーに変えて前に進むことを選択すれば、あなたの人生は劇的に好転していきます。

ぜひこれらの考え方をあなたの人生に取り入れて、毎日の生活を送っていきましょう。

何か疑問に思うことがありましたら、僕のところまでいつでもご連絡くださいね!