一生スポーツで食べていきたいと思い、小さい頃からずっとスポーツに明け暮れる人はたくさんいますね。

僕自身がそうでしたし、小学生の頃は本気でそう思っていました。

でも、実際のところ、その通りの成功を手にする人は本当に一握り。

大人になって夢を失い、そこからのセカンドキャリアで苦しむ人がほとんどなんです。

スポーツはギャンブル?

以前、タレントの武井壮さんがこう言っていました。

『スポーツは本当にギャンブルだ』。

ある一つの競技に全てを捧げて生きてきたとしても、それが花咲くとは限らない。

そして花が咲かなかった時、スポーツ以外に自分は何も持っていなかったという状況に気づく。

そこからまた何かを始めようと思っても、競技以上に燃えるものはなく、長い第二の人生で苦しんでしまう人というのは本当に多いです。

でも、現役中はセカンドキャリアのことなどほとんど考えないし、いつまでも競技生活が続くような錯覚に陥ってしまうのも事実です。

だからこそ、自分のやっているスポーツが今後の人生でどのように活かされていくのか、しっかりと考えていく必要があると思うのです。

スポーツをやるのは誰のため?

こんなことを聞かれると、おそらく多くの人が『自分のため』と答えるかと思います。

もちろんそれは間違っていませんし、僕自身もそんな気持ちで現役生活を送っていました。

でも今になって思うのは、お客さんがいてこその自分だったんだということ。

応援してくれる人、試合を見に来てくれる人がいなければ、アスリートに存在価値はありません。

お客さんがいてくれるからこそ、その選手はプレーすることができるのです。

スポーツの世界を離れ、現在のように情報発信という仕事をするようになってから、僕はそのことに気がつきました。

スポーツの世界でもビジネスの世界でも、誰かに価値を提供することで収入を得ることができる。

お客さんが喜んでくれた対価こそが、自分の稼ぐ額なのです。

実力があるとかスキルがあるとかそういうことが本質的な問題ではなく、誰かに必要とされる人間的魅力を持つことこそが、その人の価値なのではないでしょうか。

僕がスポーツをやっていた頃に一番足りなかったことは、自分よがりではなく、プロとしてお客さんにもっと価値を提供することだったんだなと思います。

やってきたことは武器になる

スポーツの世界で活躍するのは本当に厳しく、ギャンブルであるということには僕も同感です。

しかし、トップを目指してやってきたことは絶対に無駄にはならないと僕は同時に思います。

なぜなら、スポーツだろうがどんな仕事だろうが、誰かに価値を提供するということには何ら変わりないから。

現役中は気づかなかったかもしれませんが、あなたのプレーに感動した人は必ずいたはずです。

スポーツの世界では夢が叶わなかったとしても、第二の人生では多くの人に価値を与える存在になる。

何か一つのことに没頭してきた人にはそれができると思いますし、これまでの努力は絶対に無駄にはなりません。

会社に就職することができなくても、有名企業に入社することができなくても、自分の力で生きていけるのが現代です。

あなたが現役中に磨いたアスリートとしての価値を、今度はいろんな人に伝えていくことが仕事にもなるのです。

だから、セカンドキャリアも諦めることなく、また新たな夢に向かって歩んでいってほしいと僕は思います。

最後に

僕自身、スポーツの世界から離れ、何もやりたいことがなかった時期にネットビジネスに出会いました。

今ではこうして日々発信を続けていますし、それが僕の仕事になっています。

当時は全く感じなかったけど、あの時の努力があったからこそ今の人生があると確信しています。

スポーツはギャンブルであっても、やってきたことは決して無駄にはならない。

スポーツの世界で活躍することができなくても、セカンドキャリアを輝かすことは絶対にできるのです。

ぜひ僕と共に、もう一度素晴らしい人生を作っていきましょう!