スマートフォンを使っている時、気になった画面を撮影することってよくありますよね!

忘れないように画像としてとっておく、いわゆる”画面メモ”といわれるものです。

そんなスクリーンショットを、スマートフォンでは出来てパソコンで出来ないはずはありません。

今回はそんな表示画面を撮影する、”スクリーンショット”の超簡単な方法(Mac)をお伝えしていきます。

なんとこの方法、ダウンロードせずに最初からできますよ!

スクリーンショット 方法 mac

スクリーンショットとは?

スクリーンショットとは、表示されている画面の画像を撮影する機能のことです。

「Rapture」というキャプチャーソフトも使いやすくて有名ですね!

例えばあなたがとてもおもしろい記事を見つたとして、その文章を誰かに教えたかったとします。

その場合はページのURLを送ってしまっても良いのですが、ある一部分だけを伝えたい場合には全部を送る必要はありませんよね。

強調したいところだけを送りたかったりすると思います。

そんなときには見せたいところだけを切り取って撮影し、そのスクリーンショットを送ってあげたらとても見やすくてわかりやすいですよね!

すでにスマートフォンでよく実践している人は多いと思いますが、今回の記事ではそれと同じことをMacで超簡単にやってしまう方法をご紹介していきます。

ソフトをダウンロードせずにスクリーンショットする方法

今回お伝えするスクリーンショットの方法は、「Rapture」のようにダウンロードすることなく出来てしまう超簡単な方法なんです。

ちなみに「Rapture」も一応ご紹介しておきます。

こちらのサイトからダウンロードできます。

こちらの「Rapture」、実はMacは対応しておりません。

Windowsユーザーの方はこちらから進んでダウンロードし、スクリーンショットをお撮りください。

そしてMacユーザーの方、めちゃめちゃ簡単にスクリーンショットを撮影することがきますよ!

その方法がこちら。

shift+command+4

たったこれだけです。

この3つを入力すると十字架のマークが出てきますので、クリックしたまま動かせば好きな範囲を撮影することができます。

ネットビジネスを始めるとスクリーンショットを撮影することが多くなると思いますので、ぜひこの方法を用いてみてください!

かなり簡単ですからね!

ただし、この方法は表示されている画面しか撮影することができません。

画面をスクロールすることはできませんのでそちらだけご注意ください。

スクロールしてキャプチャする方法はこちらの記事をご参考ください。

参考記事:表示画面以外も撮影したい!スクロールしてスクリーンショットをキャプチャする方法

この2つを有効活用していだき、あなたの作業効率を上げていきましょう!!