ワードプレスで投稿した記事をTwitterで連携させることにより、効果的に拡散を促すことができますよね。

その際、読者にその投稿をさらに目に留めてもらいやすくするための簡単な方法をご紹介します。

その方法とは、『記事のサムネイル画像をより大きく見やすく表示させる』ということです。

All in One SEO Packを使って設定しよう

Twitterに記事を連携させる方法は様々ありますが、今回はAll in One SEO packを使った方法をご紹介します。

これを使えば簡単に、投稿した記事のサムネイル画像を大きくすることができますからね。

まずはダッシュボードの『All in One SEO』の中の

 

Twitter サムネイル画像

 

機能管理』をクリック。

次に出てくるページでは

 

Twitter サムネイル画像

 

Activate』をクリックして有効化し、『Deactivate』になったことを確認。

その後、『All in One SEO』の中に出てくる

 

Twitter サムネイル画像

 

ソーシャルメディア』をクリックしましょう。

まずここで、上から3番目の項目の『画像設定』をしていきます。

 

Twitter サムネイル画像

 

ここで行う設定は上の3つだけです。

一番上の『

その下の『画像が見つからない場合は〜』にはチェックを入れましょう。

最後の『

ここは必須ではありませんので、どちらでも大丈夫です。

まあ記事毎にアイキャッチ画像があった方が読者にとっても楽しく読んでもらえますので、できれば全記事にしっかりとアイキャッチ画像を設定しましょう!

画像設定が終了したら下の方までスクロールし、『Twitter設定』がありますので、ここを設定していきます。

 

Twitter サムネイル画像

 

一番上の『デフォルト Twitterカード』は『要約の大きい画像』を選択しましょう。

ここでサムネイル画像の大きさを変更できます。

ちなみに『要約』にするとこんな感じ。

 

Twitter サムネイル画像

 

う〜ん。

綺麗に表示させられたけど、少し小さい。

では『要約の大きい画像』にしてみます。

するとこんな感じ。

 

Twitter サムネイル画像

画像が大きくなって見やすくなりました!

こっちの画像の方が読者の目に留まり、クリックされやすそうですね!

その下の『Twitterサイト』には、あなたのTwitterアカウントを入力してください。

次の『Twitter投稿者を表示』にはチェックを入れ、最後の『Twitterドメイン』には、あなたのTwitterアカウントページのURLの最後の部分(.com/の後の文字)を入力しましょう。

全て入力し終えたら『設定を更新』をクリックし、完了です。

試しにチェックしてみよう

設定が完了したら、あなたの投稿が実際にどのように表示されるのか、チェックしてみましょう。

カードバリデーターへGO!

 

Twitter サムネイル画像

 

赤枠の欄に、あなたがTwitterに投稿したい記事のURLを入力し、『プレビューカード』をクリックします。

すると先ほど僕が紹介したように、サムネイル画像付きの記事が実際にどのように表示されるのか、確認することができます。

画像が小さい方がお好みの場合は『要約』を、大きい画像がよろしれければ『要約の大きい画像』を。

ここはご自分のお好みに合わせ、変更してみてください。

もちろん僕のオススメとしては今回紹介したように、大きいサムネイル画像です!

ぜひ今後の記事拡散に、役立てていってくださいね!