今回も、サイト立ち上げ後にインストールすべきプラグインをご紹介していきます。

今回紹介するのは「PS Auto Sitemap」!

サイトのユーザビリティを向上させるために必須のプラグインであります。

訪問者があなたのサイトを訪れた際に「見やすい」と思ってもらえるような、
そんな美しいサイトを一緒に作っていきましょう!^^

動画も合わせてご覧ください。

 

サイトの目次を作る意味とは?

サイトの目次を作る意味とは、ユーザビリティ(使いやすさや使い勝手)を向上させるためです。

訪問者のユーザビリティやSEOをアップさせるためには、
どの記事にも2クリック以内で辿り着けるように整えられていることが望ましい
とされています。

今回紹介するプラグイン「PS Auto Sitemap」を導入することにより、
ユーザビリティとSEOともに向上させることができますので、
ぜひこの記事を参考に設定していってくださいね!

PS Auto Sitemapをインストール

ダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」、検索窓に「PS Auto Sitemap」と入力します。

サイト 目次 プラグイン

インストールしたら有効化までしっかりとしていきましょう。

ダッシュボードの「設定」の中に「PS Auto Sitemap」が表示されたかと思います。

PS Auto Sitemapを設定しよう!

まずはダッシュボードの「固定ページ」から「新規追加」をクリックし、
別タブで目次用の固定ページを用意しておきます。

そうしましたら、ダッシュボードから「設定」→「PS Auto Sitemap」をクリックします。

サイト 目次 プラグイン

ここでは主に、目次に表示させたくない記事を設定することができますので、
もしもそのような記事があればチェックマークを外せばオッケーです。

基本的には上の画像のような設定で大丈夫です^^

もう少し下までスクロールすると、

サイト 目次 プラグイン

 

「ご利用方法」という欄があるかと思います。

その中の赤枠内のコードをコピーしておいてください。

そうしましたら先ほど用意した目次用の固定ページを開き、
今コピーしたコードを”テキスト欄”にペーストします。
(”ビジュアル”ではないのでご注意ください。)

その後はしっかりと「公開」ボタンを押しましょう。

 

ここまできたらもう少しですので頑張りましょう^^

 

今開いている目次の固定ページを開いたままにし、URLをご覧ください。

サイト 目次 プラグイン

上の画像のように、数字が表示されていると思いますのでここをコピーします。
(もし表示されていなければ、一度「下書きを保存」をクリックすると表示されます)

「PS Auto Sitemap」の設定画面に戻り、

サイト 目次 プラグイン

赤枠の中に、今コピーした数字をペーストしてください。

そうしましたら一番下の「変更を保存」をクリックして完了です!

お疲れ様でした!^^

補足として

今回は、サイトの訪問者に向けた目次の作成方法をご紹介してきましたが、
この他にも、検索エンジンを巡回するクローラー向けの目次があります。

こちらも合わせてご覧ください。

クローラー向けサイトマップ
参考記事:XML-Sitemapの使い方&Search Consoleと連携する方法!

最後に

以上で、サイトの目次を作成するプラグイン「PS Auto Sitemap」の解説は終わりになります。

しっかりと設定できましたでしょうか?

作成した固定ページをメニューに表示させることにより、
トップページに綺麗に目次が表示されますので設定していきましょう^^

参考記事:サイトのトップページにメニューを作ろう!超簡単な方法を紹介!

こちらもサイトを立ち上げたらすぐにインストールすべきプラグインの一つですので、
すぐに設定まで終わらせてしまいましょうね!^^