『ポジティブに考えよう!』

こんなことを言われる場面は多いかと思います。もちろんネガティブよりポジティブな方がいいし、後ろ向きより前向きな方がいいですからね。

でも実は、ポジティブの本当の意味をしっかりと理解している人はあまり多くはないのではないか。僕はそう思っています。

ただただ前向きに考えることと思われているその言葉には、本来どんな意味が込められているのでしょうか。そんなことについて述べていきますので、動画と合わせてぜひご覧いただきたいと思います。

 

ポジティブとは?

ポジティブ 意味 いいこと

多くの人がおそらく、ポジティブという言葉についてこう考えているのではないでしょうか。

・なんとかなるっしょ!
・心配いらないよ!
・絶対大丈夫だから!

これらは一見、ポジティブなことのように思えます。深く考えていなそうだし、楽観的だし。なんだか『前向き感』が全面に出ていますよね(笑)

でも実は、これらははっきり言ってポジティブではありません。ポジティブに考えているつもりでも、これらだけではうまくいくとは考えにくいです。

ポジティブの本当の意味

ポジティブ 意味 いいこと

ではポジティブとは、本来どういった意味をもっているのか。

その答えは、『生産的であること』です。

何かに迷ったり悩んだとき、もしもポジティブに考えようとして『なんとかなるっしょ!』と思うだけだとしたら。
心配はいらないと、ただただ状況を傍観しているだけだとしたら。

果たしてそれは、『生産的である』と言えるでしょうか?

前向きに考えることはいいことかもしれませんが、もしもそこに行動が伴わなければ、それはただ単に楽観的になっただけだということ。つまりは、そこには全く生産性はなく、とてもポジティブになったとは言い難いのです。

『ポジティブに』ではなく『生産的に』

ポジティブ 意味 いいこと

ポジティブになったつもりでも、それが逆効果になって全く成果を生まないというケースも多々起こりえます。そんな時は、今の自分の考えは本当に生産的であるのかを一度考えてみましょう。

『なんとかなる!』ではなく、『これだけの行動をしたらなんとかなる!』であったり、『今のままで心配ない!』ではなく、『心配があるからこそ、とにかく行動して消していこう!』といった感じで、行動ありきのポジティブな考え方でなくては意味がありません。

時には、『本当にできるのかな』という一見するとネガティブのような考えが浮かんでくることもあるでしょう。でもそれは決して悪いことではなく、それすらも生産的に考えていけば(『不安だからこそ行動しよう』という感じで)、それはポジティブな考え方と捉えることができるのです。

『ポジティブだからOK!』とか、『ネガティブだからダメ』と単純に考えるのではなく、物事を常に『生産的に』考える癖をつけていくことで、本当の意味でのポジティブな行動をとっていくことができるようになりますよ。

ポジティブの本当の意味をしっかりと理解して、ぜひあなたの日々の生活に活かしていってくださいね。