人間関係を変えたい

こう思われている方はとても多いのではないでしょうか?

生きていく中で人と関わらないことは不可能ですし、
誰かの支えがなければ生きていくことはできません。

しかし、その関わる人たちが皆、自分と気が合う人とは限りませんよね。

中には性格が合わず、できれば一緒にいたくないという人もいるでしょう。

では、一体どのようにして生きていけば良いのでしょうか?

嫌な人と関わることも我慢し、日々耐えながら一生を過ごしていくしかないのでしょうか?

今回の記事で僕は、そんな日々に耐えるのではなく、

好きな人としか関わらない生き方を選択しましょう

という提案をさせていただきます。

 

多くの悩みの種が人間関係

アドラー心理学にはこのような言葉があります。

 

人間の悩みは全て対人関係にある

 

人と関わるというのは僕たちの生活を豊かにしてくれる反面、
人間の全ての悩みの種であるということです。

お金がないことも、学歴がないことも、体が弱いことも、ルックスに自信がないことも、
全ては「他人にどう思われるかが心配・・・」

ということに繋がってくるのです。

職場で嫌な上司がいたとしても、これが仕事だからと我慢して気を遣って過ごす毎日。

こんな毎日ではストレスも溜まってしまいますし、人生に充実感など得られるわけがありません。

では一体どうしたら良いのでしょうか?

僕が今回の記事でお伝えすること、その正確な意味は

好きな人としか関わらない」ではなく、

好きな人しか関わることができない

状態を作ってしまいましょうということです。

野球の強豪校に意識の低い選手は居られない

あなたの周りにいる嫌な人は、なぜあなたの周りにいるのでしょうか?

それは簡単に言うと、「あなたとステージが同じだから」です。

例えばあなたが野球をやっている中学3年生で、高校では甲子園に行きたいと思っているとします。

そうなると普通であれば、甲子園に出場できる確率の高い強豪校への進学を希望しますよね。

監督、練習場、練習内容や練習量なども考慮して選択するのかもしれません。

でももしあなたが、なるべく楽な方法で甲子園に出場したいと思っているとして、
このような野球の強豪校へと進学してしまったとします。

するとどうなるか。

周りの仲間は絶対に甲子園に出場するという強い思いで練習に取り組んでいるにも関わらず、
あなたは楽をしたいと思っているので、練習にも手を抜いてしまう。

そうするとおそらく周りの選手はあなたのことを冷たい目で見てくるようになり、
次第にあなたはそのチームに居づらくなってくるでしょう。

みんなが一生懸命練習している中あなただけ手を抜いていたら、
あなたにとっても周りの選手にとってもお互いが「嫌な人」になってしまうのです。

甲子園出場が常連の強豪校にはそんな意識の低い選手などいらないですし、
意識の低い選手もそんな強豪校へと進学するべきではないのです。

このことからわかるのは、強豪校は

誰でも良いからチームに入ってください!
と”お願い”しているのではなく、

甲子園に出場したい強い気持ちをもっている人なら入れるよ!
という風に、”相手に選択肢を与えている”ということです。

関わる人は自分次第でどうにでもなる

この野球の強豪校のように、あなたにも関わる人を選ぶ権利があるのです。

そしてそれは、あなたがどんな人生を歩みたいかによって変わってきます。

野球の強豪校は、甲子園に出場したい強い気持ちをもった選手とのみ関わることを許します。

意識の低い選手はその空気に耐えられなくなり、自ら去っていってしまうのです。

あなたがもし、

ネットビジネスで成功して自由な人生を歩みたい
一度きりのかけがえないの人生を、後悔のない最高のものにしていきたい

そういう夢をお持ちなら、同じような思いの人たちの環境に飛び込んでください。

そこには価値観を共有でき、共に夢を追う最高の仲間との出会いがあります。

そしてあなたが全力で夢を追っているとき、
今まで関わってきた「嫌な人」というのはあなたの元から去っていくでしょう。

それらの人は野球の強豪校にいる意識の低い選手のように、
夢を追っている人と関わることに抵抗を感じるのです。

関わる人を仕方なく受け入れるのではなく、あなたが関わる人を選ぶ状態を作ればいいのです。

関わる人を選ぶということは

人を切り捨てること

という身勝手な行動ではなく、自分のステージを上げて

「僕たちと同じ価値観でなければ居づらいかもしれませんよ?」

と、”相手に選択肢を与えることができるようになること”なのです。

そこでの出会いを大切に

人間関係 変えたい

僕は現在、ビジネスのコミュニティに入っており、同じ価値観の仲間と日々切磋琢磨しています。

毎日チャットや音声を通して、コミュニケーションを取りながら互いを高め合っていますし、
月に一度は顔を合わせて進捗状況を話したり、お酒を飲みながらワイワイしたりしています。

そこには僕にとって、「嫌な人」というのは存在しません。

僕にとって「嫌な人」というのは、例えば
礼儀ができない人」や「挨拶がない人」、「他人の成功を喜べない人
などが挙げられますが、ここにはそんな人は一人もいません。

正確にはいるのかもしれませんが、僕と関わることはありません。

おそらくそういう人はこのコミュニティに居づらさを感じるはずですし、
僕のような人間には関わりたくないと思うはずだからです。

僕はそういう人を全く批判するつもりはありません。

お互いが居心地の良い環境で過ごすのが一番ですからね。

だからこそ、僕に関わる人は僕にとって「関わりたい人だけ」であり、
この仲間とともに成長していく毎日が最高に幸せです。

あなたがもし今の環境が居づらいと感じるのであれば、
勇気をもって環境を変化させていきましょう。

一度きりの人生を最高のものにするために、嫌な人と関わっている時間はもったいないです。

 

そして、

 

関わる人を変えるためには、決して周りを変えようとしてはいけません。

あなたのステージが上がれば、周りには自然と「関わりたい人」だけが集まるようになるのです。

人間関係を変えたいという悩みの人をお持ちの方にはぜひ、
自分のステージを上げることを意識して生活してもらいたいです。

もしもあなたが

今より人生を良くしたい

という夢をお持ちであれば、同じ思いの人が集まる環境というのは必ずあります。

僕も環境を変えることによって人生が劇的に好転しましたし、何かあれば僕に連絡いただければと思います。

一度きりのかけがえない人生を、自分の大好きな人たちと関わる最高のものにしていきましょう!