Mac タブ ショートカットキー

今回はMacユーザーに向けて、超便利なショートカットキーをご紹介していきます。

意外と知らなかったという人も多いと思いますし、これを使うだけで作業効率はもちろん、ストレスをかなり減らすことができるのではないでしょうか。

とても簡単でかつ便利ですので、ぜひぜひ試してみてくださいね!

ブラウザを立ち上げた時に全てのタブを復元する方法

作業を終了し、ブラウザを閉じてから、もう一度先ほどまで開いていたタブを復元したいと思うことは意外とありますよね。

これはショートカットキーではないのですが、一度設定すればそれだけでオッケーなので、ここでご紹介していきます。

まずはGoogle Chromeの『環境設定』を選択しましょう。

 

Mac タブ ショートカットキー

 

その中の、

 

Mac タブ ショートカットキー

 

『前回開いていたページを開く』にチェックを入れます。

設定はこれだけです。

この状態でブラウザを閉じ、再度立ち上げてみてください。

前回開いていたページが開かれるはずです!

閉じたタブを一つずつ復元する方法

command+shift+T

続いては、閉じたタブを復元するショートカットキーです。

これを何度も行うことによって、一つずつ遡ってタブを復元することができます。

タブを閉じるショートカットキー

command+W

現在見ているタブを閉じることができます。

タブを移動するショートカットキー

今見ているタブの一つ右に移動したい場合

command+shift+}

今見ているタブの一つ左に移動したい場合

command+shift+{

指定したタブへ移動したい場合

タブを8つまで開いている場合は、一番左から順に1,2,3,・・・となります。

command+開きたいタブの数字

これで、お好きなタブに一発で飛ぶことができます。

ちなみに、タブを9つ以上開いている場合は、一番右のタブが9となります。

新しいタブを開くショートカットキー

command+T

これで新しいタブを一瞬で開くことができます。

まとめ

今回は、Macをお使いの方に向けてタブに関する超便利なショートカットキーをご紹介してきました。

僕自身はこれを知ったとき、そのあまりの便利さに、今までの自分がこれを使っていなかったことにひどく後悔しました…(笑)

これを知っていると知っていないでは作業効率に大きく関わってきますし、一発でこれらを操作できれば、作業へのストレスも減っていくでしょう。

ぜひぜひ、あなたの作業に取り入れてみてくださいね!