「スクロールしてキャプチャしたいんだけどやり方がわからない・・・」

表示画面のみをキャプチャできる機能は以前にご紹介しましたが、
今回は画面をスクロールしてページ全体の好きなところまでキャプチャする方法をお伝えしていきます。

コンテンツを作っていく時にはスクリーンショットは必ず必要になってきますし、その時にスクロールしてキャプチャできるとより一層作業がはかどりますよ!

ぜひこの記事を参考に、表示画面以外の撮影を行ってみてください!

 

表示画面以外も撮影しちゃおう!

以前、表示されている画面の超簡単な撮影方法をご紹介しました。

参考記事:ダウンロードせずに表示画面を撮る超簡単な方法!Macでスクリーンショットを撮影しよう!

今回は、あの機能では出来なかった「スクロールしてキャプチャ」できるツールをご紹介します。

それが、「Awesome Screenshot」というとても便利なツールでございます。

「Awesome Screenshot」のインストール方法

まず、Googleの検索窓に「Awesome Screenshot」と打ち込みます。

こちらからもリンクを貼っておきます。

表示画面以外 キャプチャ

このような画面が出ると思いますので、一番上のピンクの枠のサイトをクリックしてください。

表示画面以外 キャプチャ 方法

そうしましたら、右上の緑のボタンをクリックします。
(僕の場合はすでにインストールしてあるので、「CHROMEに追加済み」と表示されています)

インストールが完了しますと、右上の方に「Awesome Screenshot」のアイコンが表示されるようになります。

表示画面以外 キャプチャ 方法

こんな感じです。

「Awesome Screenshot」の使い方

まずは右上の「Awesome Screenshot」のアイコンをクリックします。

すると

表示画面以外 キャプチャ 方法

このような画面になりますので、上から順に説明していきますね。

・Capture visible part of page → 今表示されている画面だけをキャプチャする機能
・Delayted capture→セルフタイマー(3秒)後、キャプチャする機能
・Capture selected area →自分で範囲を選択してキャプチャする機能
・Capture entire page →そのページのすべてをキャプチャする機能
・Select a local image →画像を自分で選択してキャプチャする機能
・Capture desktop→現在起動しているソフトに移動してキャプチャする機能

ざっとこんな感じですが、おそらくいちばん使うのは上から2番目の「Capture Selected Area」です。

この機能を使えば好きなところまでスクロールしてキャプチャすることができますからね!

キャプチャした画像を編集できる

さらに「Awesome Screenshot」では、キャプチャした画像を編集することもできます。

キャプチャが完了すると、別タブでその画像のページが作成されます。

試しに僕のこの記事をキャプチャしてみます。

表示画面以外 キャプチャ 方法

するとこのような編集画面が別タブで作成されますので、上のピンクの枠の中の機能で編集していきます。

それぞれを左から順番に簡単に説明していくと

・トリミング(この画面の中の好きなところを切り取る)
・自由に落書き
・四角・楕円形の挿入
・矢印や線の挿入
・手書きテキスト入力
・ぼかし
・入力の色変更
・入力の太さ変更
・一つ前に戻る
・一つ先に進む
・デフォルトに戻す

といった感じです。

とても簡単なので、やっていくうちにすぐ出来るようになりますよ!

最後にもう一つ!

こちらが「Awesome Screenshot」のインストール方法から使い方や編集までの説明になります。

以前、もう一つのキャプチャの方法をこちらの記事でご紹介しました。

参考記事:ダウンロードせずに表示画面を撮る超簡単な方法!Macでスクリーンショットを撮影しよう!

ってか「Awesome Screenshot」超便利だし、これだけで充分なんじゃない?

と、お思いの方も多いかもしれませんが、こちらの「Awesome Screenshot」ではウェブ上の画面しかキャプチャすることができません。

なので、もしもウェブ画面を外れた箇所を撮影したい時にはぜひ「参考記事」を見ていただき、そのやり方でキャプチャしてください。

この2つはどちらも簡単に使いこなせるのでぜひご活用していただき、あなたの作業を効率化させていきましょう!