こんにちは、ホシノマオです^o^

今回は「苦労の本質を考える」というテーマでお送りしたいと思います。

どんな仕事でも苦労はあるかと思いますが、一口に苦労といってもいろんな苦労がありますよね。

ところで今、あなたが抱えている苦労は本当にすべき苦労なのでしょうか?

自分で進んで求めた苦労なのでしょうか?

そんなことも交え、これから挑戦していくネットビジネスの作業での苦労について一緒に考えていきたいと思います。

苦労 本質

苦労すれば成功するのか?

まずなぜ今回このようなテーマにしたかというと、

僕は昔からよく「苦労しなきゃダメだぞ」と言われてきたからです。

僕は小さい頃から野球をやってきましたが、

苦労しなきゃうまくなれない。みんなが寝てる間に素振りしなきゃダメだ

などと言われ続け、とにかく人より苦労した人がプロになれるんだと信じていました。

ボクシングに転向した後も僕はそれを信じていて、誰よりも練習だけはしていた”つもり”でした。

疲れていても気合いで乗り切る、極力遊ぶことをやめる、楽しむことより練習など、

苦労をしなきゃという意識を持って毎日生活していましたね。

しかし結果的にどうなったかというと、野球ではプロになれず、

ボクシングでは大きく負け越すなど、結果は伴っていませんでした。

僕は試合で負けるたび、

相手より絶対に練習したし苦労したのに・・・」という思いが頭の中にありました。

というのも、大学時代は飲み会もほぼ断ってトレーニングをしたり(途中から誘われることもほぼなくなりました 笑)、

試合後も2日後から練習を再開したり(ボクシングは体のダメージが多いため、試合後は長く休む方が良いとされている)、

トレーナーから「オーバーワークだからもう辞めとけ」と言われたり・・・

自分の中では誰よりも苦労しているという感覚があったんです。

でも、全く結果が出なかった。

これは一体なぜなのでしょうか?

本当に成功する人間というのは、僕より遥かに苦労をしている人なのでしょうか?

それとも・・・・?

成功する人はもの凄い苦労をしている?

成功する人とは、誰よりも勝るもの凄い苦労をしている人なのでしょうか?

僕の思う成功する人、勝つ人とは

 

 

誰よりも苦労をしない人

 

 

だと言い切ることができます。

 

!?!?!?!?!?!?

なにーっっっっっっ!?めっちゃ矛盾してるやん!!!!

 

って感じですよね^^;

僕がこれまでやってきた苦労というのは、

無意識に正しいと思わされていた、本質の見えない苦労だったのです。

僕は知り合いに料理人の方がいるのですが、その方は20代の頃は休みなく働いていたそうです。

人が欠けたら休み返上で仕事に行き、普段も家に帰るのは寝るだけのため。

というより家に帰れない日の方が多かったそうなんです。

僕の「大変でしたね。。。」という言葉に対し、その方の口から返ってきたのは

全く苦労に感じなかったよ^^」という言葉・・・。

これを聞いた時、僕は過去の自分を振り返り、こう思いました。

きっとおれは、自分で選んだはずの苦労を辛いと思っていたんだ

と。

苦労の本質とは?

苦労 本質

先ほどの料理人の方は自分で料理を志すと決め、だからこそそのための手段となる苦労が当たり前だと語っていました。

しかし僕は、自分で世界チャンピオンになると決めていたにも関わらず練習が苦労だと思っていた。

ここに大きな勝負の分かれ道があったのだと思います。

世界で活躍するイチローも、小学生の時は365日中360日野球の練習をしていたそうですが、こんなの傍から見れば明らかに苦労に思えます。

会社員では考えられない働きっぷりですよね!

しかし、当のイチローは当たり前のように毎日の練習を続けていた。

イチローにとって練習は、自分の目標を達成するためにやる当たり前のことだったのです。

苦労ではなくそれが習慣になった時、本当の意味で成功できる道が開けるのだと僕は思います。

ましてや僕のように「苦労したのに・・・」と思ってしまうことは、

本当の意味で苦労していないということであるともいえますね・・・。

どんな仕事にも苦労はありますし、目標を達成するためには絶対にそこは避けて通れません。

しかし、もしもその苦労が誰かに押し付けられた苦労だったり、

その苦労の先に掲げる目標がなかったりしたら、

その苦労は本当に続けるべきかもう一度考えたほうが良いかもしれません。

苦労するというのは、ただ単に言われたことをこなし、汗をかき、寝る間を惜しんで働くことではないですし、

その場しのぎの行動を続けていては、その先の成功は絶対にありません。

その先にある目的の達成のための手段として、苦労を捉えましょう。

だからこそ最初に言った「誰よりも苦労をしない人」というのは、

成功までの苦労を苦労と感じない人なんじゃないかなと僕は思うのです。

ネットビジネスでも苦労はある!

もちろん、これから挑戦するネットビジネスでも苦労する瞬間は必ず訪れます。

何か目標に向かっていたら絶対に失敗はありますからね。

しかし、その時にその苦労をどう捉えるかで、その先の結果が変わってくるでしょう。

今思えば、僕はここまでの成果の道のりが苦労だったとは思いません。

全く感じなかったといえば少し違いますが、それでもその苦労が今では笑えますし、

夢の未来を常に思い描いて作業していましたから、全然苦労に感じないんですよね^^

先ほども少し書きましたが、苦労にもいろんな種類があります。

でもやはり自分の思い描いた人生のために、すべき苦労とする必要のない苦労を見極めて生きていきたいですね。

このネットビジネスでの苦労は、僕にとったら何の苦労でもありません。

だって未来には、努力したものにしか見えない素晴らしい景色が待っているのですから^^