後悔 人生

一度きりの人生をどう生きるのか。

これはしっかりと考えるべきであるはずなのに、多くの人がそれをほとんど意識せずに生きているのではないかと思います。

後悔を残して最期を迎えるのはあまりにも悲しいし、それを避けるためには今この瞬間から行動や考え方を変えていくしかありません。

今回の記事では、人生で後悔したことのランキングTOP3から、20代のうちにやるべきことや生き方について考えていきたいと思います。

人生で後悔したことは何ですか?

後悔 人生

若いうち、特に20代のうちは、人生最期の瞬間に何に後悔するかなど、あまり想像することはないかもしれません。今が楽しければいいと思ったり、とりあえず今を生きていればいいと思ったり。そんな感覚で毎日をなんとなく過ごしてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、最期の瞬間は誰にでも必ず訪れます。それが早いか遅いかはわかりませんが、絶対に避けては通れません。そんな時、多くの人が後悔してしまうこととは一体何なのでしょうか。その3つ挙げてみたいと思います。

もっとチャレンジすればよかった

ダントツで多かったのが、『チャレンジしなかったこと』です。何かに挑戦する時には必ず困難が伴いますが、チャレンジしないということは、それ以上に『後悔』という苦しい感情を残してしまいます。

一度きりの人生で本当に叶えたかった夢、行きたかった場所、会いたかった人や想いを伝えたかった人。行動を起こさずに人生を終えてしまうことほど、辛いことはないのではないでしょうか。

周りの評価を気にしなければよかった

自分がどう思われているのかを気にしすぎるあまり、思ったことを言えなかったり、やりたかったことができなかったり。自分の人生ではなく他人の人生を生きてしまったことは、とても大きな後悔が残ります。

人は誰でも他人から悪くは思われたくないし、承認されたいという欲求をもっています。でもそれ以上に、自分の人生を正直に生きることの方がよっぽど大切です。

もっと世界を旅すればよかった

自分はどれだけ小さな世界で生きていたのか。それを最期の瞬間に後悔する人が、とても多いそうです。

生まれた場所で育ち、職場のために住む場所を変える。仕事に一生を捧げることを選び、行きたかった場所や見たかった景色などは到底夢の話だと思い込んだまま最期を迎えることは、やはり大きな後悔を伴ってしまうんですね。

『体験すること』は何よりも価値のあることですから、この広く素晴らしいい世界をその目で見れなかった後悔は、やはりとても苦しいはずです。

20代でやるべきこととは?

後悔 人生

では、最期の瞬間にそんな後悔を残さないために、20代のうちからやるべきこととは何なのでしょうか?

とにかく行動する

後悔しない人生を送るために、20代のうちからやるべき一番大切なことは、『とにかく行動すること』です。僕の好きな文筆家の千田琢哉さんの言葉には、このようなものがあります。

『他人の作った正解より、自分で作った大間違いの方が1億倍楽しい』

何に挑戦しても不安はあるし、失敗することも必ずあります。だとするならば、他人が引いたレールの上で正解を目指すより、自分で選んだ道で失敗を繰り返しながら人生を描いていく方が絶対にいい。

行動しなければ失敗はありませんが、成功することもありません。自分の人生を一度見つめ直し、理想の人生のために行動を起こすべきです。

メンターに出会う

良い人生を歩んでいくために、尊敬するメンターの存在は絶対に大切です。迷った時に指針になったり、背中を強く押してくれたり。どんな人に影響を受けるかによって、人生は大きく変わってきます。

僕にとってもメンターの存在はとても大きく、その出会いが人生を変えてくれたと心から思っています。それが20代で良かったなと思いますし、自分の中でブレない軸ができました。

人生に正解などないのですから、自分が信じた道を歩むべきだと僕は思います。社会が決めたレールや常識だけが正解なのではなく、自分の心が決めた道、自分はこうなりたいと思った人を信じて歩むことこそが、あなたの本当の人生です。

そのためにもまずは自分のモデリングする人(メンター)を見つけ、その人から多くを学ぶことが大切です。

絶対に譲れないものを見つける

自分の中で『これだけは譲れないもの』を持つことは、人生においてとても重要です。後悔の多い人生というのは、『自分との約束を破って他人に合わせることを選んでしまった人生』だと僕は思うからです。

そして、他人に良く思われるために自分との約束を簡単に破ってしまう人よりも、他人に嫌われたとしても自分の信念を貫く人に僕は魅力を感じます。僕自身もそうでありたいし、20代の現在、こうして譲れない夢や目標を持つことができたことは本当に幸せだなと思っています。

他人の機嫌を伺って自分を見失うのではなく、自分の本当に生きたい人生を描いていくことをぜひ20代のうちからやっていきましょう。あなたにとって一番大切なことは、あなた自身が幸せになることなのですから。

最後に

後悔 人生

スティーブ・ジョブズ氏は、このように語っていました。

『自分はいつか死ぬと意識することは、何かを失うかもしれないという思考の落とし穴にはまらずに済む最善の方法である。』

今日が人生最後の日だとしたら、あなたは一番やりたかったことをやるでしょう。後悔のない人生を送るために一番大切なことは、常にその意識をもって行動することです。

20代のうちから人生をどう生きていくのかをしっかりと考え、本当にやりたかったことを実現できる人生に、ぜひ僕とともにしていきましょうね。