会社 行きたくない

『会社に行きたくない…』

そんな思いを抱えたまま過ごす毎日では、人生に充実感を感じることはできません。一番多くの時間を費やす仕事ですから、もしもそれがつまらないと思っていたら、人生のほとんどの時間を損しているようなものです。

今回は、会社に行きたくないと思ったら辞めるのはアリなのか?ということについて考えてみたいと思います。我慢が美徳とされる日本において、その考え方は通用するのでしょうか?

会社に行きたくない原因は?

会社 行きたくない

会社に行きたくないと思っている人は、おそらくたくさんいるかと思います。実際に僕の周りでもそんな声は多く聞きますし、希望して入った会社ですら、そんなことを言う人もいます。

でもなぜ、多くの人は会社に行きたくないと思うのでしょうか?

やはり一番は、人間関係が原因でしょう。上司に気を遣うことや、同僚との付き合い。人の悩みのほとんどはこうした対人関係にありますから、それが嫌で毎日ストレスを抱えてしまう人が多いです。

日本では、『良い大学を卒業して良い会社に入ること』。これができるかどうかでその人の善し悪しを判断されてしまう文化が、未だに根強く残っています。

そのため、自分のやりたくもないことでも世間体を気にして就職する。こんな考え方で人生の大きな選択を下してしまう人がたくさんいて、それが原因で『会社に行きたくない』と思う人が溢れているのだと、僕は思います。

会社を辞めるのはアリ?

会社 行きたくない

そんな状況下で、いつまでもその会社に残り続けるのは果たして良いことなのでしょうか?僕自身は、嫌だったら辞めればいいと思います。限られた人生の時間の中で、嫌なことにその多くを費やすことほど無駄なことはないからです。

ですが、ただ漠然と辞めたいと思うのは少し違うかなとも思います。ただ仕事が嫌だからと言って辞めてしまっては、結局また同じような状況になってしまいますので。

自分に合っているかどうかはわからない

よくあるのは、『仕事が自分に合ってないから辞めたい』という言葉。自分の得意分野ではなかったり、今までやってこなかったことだったりした時に、思ってしまいがちなことです。

でも、その仕事が本当に自分に合っているかどうかなど、続けていなければわかりません。合っているからやる、合っていないからやらないと言っていては、できる仕事などなくなってしまいます。

僕は現在パソコンを使って仕事をしていますが、これまでは全くパソコンの知識などありませんでした。機械は本当に苦手だと思っていましたし、どちらかと言うと、使うことすら避けて生活していましたから。

なので、もしも僕が『パソコンは苦手だから』と言って現在の仕事を選ばなかったら、永遠に理想の人生を掴むことはなかったですね。

では、嫌な仕事だとしても長く続けていくことが大事なのでしょうか?

結論から言うと、全くそういうことではありません。もしもあなたが次のことをしっかりと考えられているのなら、僕はすぐにでも辞めるべき、もしくは会社と並行して行動していくべきだと思います。

その仕事は理想の人生に繋がるか?

会社 行きたくない

あなたの今の仕事は、あなたが思い描く人生へと繋がっているでしょうか?

一度考えてみてください。
いつも会う上司。会社の同僚。自分が発する言葉や耳にする言葉。毎日目にする景色。

これらを今のままこの先何年も続けていったとしたら、あなたの未来には何が残るでしょう?あなたは求めていた人生を生きているでしょうか?

仕事は目的ではなく、手段です。どの会社に入るのかが重要なのではなくて、何のためにその仕事をするのかが大事なんです。

僕であれば、人生を最高のものにするために、それまで苦手だったパソコンを使う仕事を選択しました。そこには嫌だから辞めたいとか、向いていないから辞めたいといった感情はありません。ただただ人生を良くしたいから続けるという思いがあっただけです。

もしもあなたが今の仕事を辞めたいのなら、なぜ辞めたいのかを考えてみてください。転職したとしても嫌な人はいるだろうし、次の仕事が自分に向いているとは限りません。だとしたら、今の自分がやるべきことは何なのか。そこに意識を向けていくべきです。

他人ではなく自分の人生を生きよう

会社 行きたくない

人生はたったの一度きり。嫌な仕事を続けていても、大好きな仕事をしていても、そこに違いはありません。

僕は、嫌だったら辞めろとも思わないし、長く続けろとも思いません。自分の気持ちに正直に、その選択をすればいいと思います。

でも現代は過去とは違い、自分が思い描いた人生を誰もが掴める時代です。会社に属することが美徳な時代は終わり、個人の力が人々に大きな影響を与えることができる、そんな時代へと変化しました。

だからこそ僕が言いたいのは、他人ではなく自分の人生を生きましょうということ。誰かに反対されようと、本当に会社が嫌ならば、いつまでも我慢する必要なんてないと思います。

一つ覚えておいてほしいのは、会社を辞めて自由になれれば幸せになれるという単純なことではないということです。自由になるために努力することはたくさんありますし、向いてないと思うこともいっぱいあります。

でもどっちにしろ同じなのであれば、僕は理想の人生に向かって苦労するほうがよっぽどいい。むしろ理想の人生のためならば、そんな苦労など本当にちっぽけに感じます。

『会社が嫌だから辞めたい』ではなく、『理想の人生のために会社以外でも行動を起こしていく』という考え方がいいですね。会社に勤めながらでもできることはたくさんありますし、僕自身も元々は副業からビジネスに挑戦しましたから。

これらのことをしっかりと考えて、あなたにとって最高の決断をしていってほしいと思います。

もしも仕事に悩んでいるのだとしたら、お気軽に僕のところまでご連絡くださいね。