自己啓発と聞いて、あなたはどういうことをイメージするでしょうか?

熱心に学ぼうとする人もいれば、胡散臭いと端から聞く耳を持たない方もいるかと思います。

自己啓発書や自己啓発セミナー、こういった学びに果たして意味はあるのでしょうか?

人生をより良くしていくために、そしてビジネスで成功するために、どのように自己啓発と向き合っていくべきなのか、僕なりの考えをお伝えしていきます。

 

自己啓発とは何か

自己啓発(じこけいはつ)とは、自己をより高い段階へ上昇させようとすることである。「より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す。

引用元:Wikipedia

Wikipediaでは、自己啓発についてこのように解説されています。

今の自分から少しでも成長していくために取る、そんな行動のことですね。

こういったことを聞くと、自己啓発はとても大切なものではないかと感じるかと思います。

現状を変え、人生をより良くしていくことは誰しもの願いですからね。

でもなぜか、自己啓発という言葉に良いイメージを持っている人は多くない。

自分を高めていくために必要不可欠であるにも関わらず、『胡散臭い』と毛嫌いしてしまう人は少なくないのです。

なぜ自己啓発は胡散臭いと思われるのか?

自己啓発 胡散臭い 必要 意味

世の中にはたくさんの『自己啓発書』と呼ばれる本が出揃っています。

多くの人がそれを手に取り、励まされたり勇気をもらったりと、とても需要の大きな書物だと思います。

その一方で、『そんなの読んでも意味ないでしょ』、『胡散臭いよ』などの意見が多いのは、

自己啓発書には当たり前のことが書かれているから

だと僕は思います。

もっと言うと、

自己啓発書には当たり前のことしか書かれていないから

ですね。

『常にポジティブワードを使おう』、『今生きていることに感謝しよう』など、あまりにも当たり前すぎることが書かれているので、多くの人が実践しようとしません。

そして実践している人たちを見ては、『胡散臭い』との言葉を浴びせるのです。

当たり前のことをいかにやれるか

以前、僕が所属するドリーマーズラウンジ(DL)のセミナーで、講師の方がこう語っていました。

大切なのは、当たり前のことを誰よりも続けることですよ

多くの人は当たり前のことはやろうとせず、小手先のテクニックや裏技的なノウハウばかりを求めようとします。

でも本当に大切なのは、誰でもできる当たり前のこと。

ここから目を背ける人には、人生を良くしていくこと、大きな成果を達成することは難しいと僕は考えます。

自己啓発書にはそういった学びが溢れていますし、当たり前だからと言って拒絶するのはもったいないかと。

どんな業界のどんな成功者も、徹底して当たり前のことを繰り返し続けた結果こそが、今の活躍を形作っているのです。

大事なのは、行動すること

もちろん、自己啓発書を読んで終わりでは意味がありません。

良い言葉に触れた時、人は何だか強くなったような気がしてくるものです。

でもそこで本当に大事なのは、その学びを行動に移すこと。

決して読んだだけで満足しないということです。

僕がここで言っていることも当たり前すぎることなので、もしかしたらもう聞き飽きたかもしれません。

けど『当たり前のことを誰よりも続けること』は、他のどんなことよりも大切だと言っても過言ではない。

どの自己啓発書にも、そしてどの成功者も当たり前のことを言うのはそれだけ必要なことだからであり、また、多くの人が目を背けているからなのです。

最後に

自己啓発 胡散臭い 必要 意味

僕は昔から自己啓発書はとても好きで、今でも読むことが多いです。

そこでの学びは僕に大きな価値を与えてくれますし、自分を高めてくれています。

でもやはり究極的には、どの自己啓発書も当たり前のことを繰り返し語っている。

つまるところ、人生をより良くしていくために、成功するために大切なことはそう多くはない。ということです。

それらを学ぶこと、そしてそれを実践することが何よりも大切ですから、ぜひ自己啓発書などもどんどんと活用し、あなたの人生に彩りを加えていっていただけたら僕は嬉しく思います。