ネットビジネス実践者がどんどんと増えてきている現代。

その一方で、ネットビジネスに対して悲観的なイメージをお持ちの方もまだまだ多いのも事実です。

なぜそういった感覚が未だに多いのでしょうか?

今回の記事では、ネットビジネスに参入することに対して躊躇がある方、またはネットビジネスに対して否定的な考えをお持ちの方へ、僕の考えをお伝えしていきたいと思います。

 

なぜネットビジネスはイメージが悪い?

現代は本当に多くの方がスマホを手にし、それに視線を向け続けている光景が、至る所で見られますよね。

電車の中や信号待ちの最中、レストランで食事を待っている時など、少しでも時間ができればスマホを手に取るという人はとても多いです。

それだけネットが普及した現代、個人でビジネスを志す起業家も格段に増えていきました。

インターネットを使うことにより、そのハードルが過去に比べて遥かに下がったからですね。

そんな中、一般的な会社員では考えられない額を稼ぎ出すネット起業家が続出し、世間で注目を集めた時期がありました。

ヒルズ族』と呼ばれる人たちを、あなたもご存知かと思います。

高級車を乗り回したり、タワーマンションに住んだり、豪華な暮らしを見せつけたり。

インターネットの普及と共に現れた彼らに、世間の意識に『怪しい!』というイメージが刷り込まれていったのですね。

『お金をたくさん持つのは品がないこと』という美意識が、日本にはまだまだ存在しているからです。

ネットを使わないビジネスはあるのか?

お金に対するこうした根強い意識が日本にはありますが、それでも現代は、インターネットが人々の生活の一部にまで浸透しています。

電車の乗換案内、天気予報、美味しいレストラン。

生活で困ったことがあればスマホを開き、その疑問を即座に解決することができる時代です。

これだけインターネットが身近な存在になっている中、果たしてそれを使わずにビジネスをしている企業が存在するでしょうか?

Amazonや楽天、メルカリやGREEのような多くの人が利用しているサービスも、立派なネットビジネスです。

そしてそれらには、世界中に多くのヘビーユーザーが存在しています。

もしもネットビジネスが怪しいと思っているのなら・・・・

あなたも怪しいビジネスから商品を買っている、なんてことになってしまいますよね。

怪しい・怖い・胡散臭いは時代遅れ

もしもインターネットが生活からなくなったとしたら?

そんな暮らしを想像してみた時、あなたはどのように生きていくと思いますか?

『生活できるかわからない…』と思ってしまうかもしれません。

このようにインターネットは気づかぬところで僕たちの生活を豊かにしてくれている、つまりはインターネットから大きな価値を与えてもらっているということです。

そしてそれを現代は、個人レベルで行えるようになった。

これまで与えてもらってばかりだった普通の人々が、現代はネットを使って人々に価値を与える側に回れるようになった、ということです。

大きな組織が行っていることを個人で行うということに抵抗がある方も多いですが、よく考えてみれば、世の中に深く浸透している至って当たり前のビジネスです。

もはやネットがない生活は考えられないですし、ネットビジネスを否定するのは時代遅れ。

ネットビジネスへの見方を変えることで、それはより人生を豊かにしてくれるとても大切なことだと気づくはずです。

ネットビジネスへの参入に躊躇はいらない

ネットビジネスは他のどんなビジネスよりも低リスクであり、短期間で人生を変えることのできる素晴らしいビジネスです。

インターネットがこれだけ普及した現代だからこそ、今後は個人でビジネスを行うということが当たり前になってくるでしょう。

僕たちが生きていく時代は劇的な変化を遂げていくことが予想されますから、その流れに乗り遅れないよう常に良質な情報を手に取り、共に生きていけたらなと思います。

僕のメルマガではよりディープな情報を提供させていただいていますので、ぜひご登録してみてくださいね!

何かわからないことがあれば、いつでもメッセージをお待ちしています。