Instagramを利用する方は、現在とても増えていますね。写真だけの投稿という手軽さも、その人気の理由ではないでしょうか。

そこで今回は、Instagramに投稿した画像をWordPressのサイトに表示させる方法をご紹介します。

プラグイン『Instagram Feed』を使い、ぜひあなたも設定していきましょう。

Instagram Feedをインストール

まずはいつも通り、WordPressのダッシュボードからプラグインを新規追加していきましょう。

 

Instagram Feed 画像 表示

 

こちらをインストールしたら、有効化まで忘れずに行ってください。

有効化まで完了したら、

 

Instagram Feed 画像 表示

 

左に『Instagram Feed』と表示されますので、そちらに入ってきます。

次に、

 

Instagram Feed 画像 表示

 

赤枠のところをクリックし、

 

Instagram Feed 画像 表示

 

ユーザーネームとパスワードを求められるので、アカウントを確認して入力しましょう。

『1.Configure』の画面で、

 

Instagram Feed 画像 表示

 

赤枠のように、それぞれをコピー&ペースト。

入力ができましたら、『変更を保存』をクリックしましょう。

投稿した画像をサイトに埋め込む方法

さて続いては、あなたがInstagramで投稿した画像をサイトに埋め込む設定をしていきましょう。

 

Instagram Feed 画像 表示

 

『3.Display your Feed』を選択し、すぐ下にある『[Instagram-feed]』という英字を見つけましょう。

たくさんの英語が並んでいますが、ここで使うのはこの文字だけですのでご安心を。

ということで、この『[Instagram-feed]』をコピーします。

あとはこれをお好きな所に貼り付けることで、画像を反映させることができるようになります。

僕はサイドバーにInstagramの画像を表示させていますので、そちらの方法をご紹介します。

『外観』から『ウィジェット』を選択し、

 

Instagram Feed 画像 表示

 

テキストをサイドバーにもっていき、『タイトル』と『内容』を入力します。

『内容』には先ほどコピーした英字をペーストしましょう。

あとは『保存』をクリックすれば完了です!

画像の表示をカスタマイズ

画像の表示をカスタマイズするには、Instagram Feedの設定から、『2.Customize』を選択します。

その後、

 

Instagram Feed 画像 表示

 

このように項目が出てきますので、ご自身のお好みに合わせ、いろいろと変更してみてください。

主には、
『Number of Photos』で、フィードに何枚画像を表示させるか、
『Number of Columns』で、1列に画像を何枚表示させるかをカスタマイズすることができます。

さらに、もう少し下にスクロールすると、

 

Instagram Feed 画像 表示

 

このような項目があります。

『Load More』を『もっと画像を見る』や、
『Follow on Instagram』を『フォローする』など、日本語に変えていくといいでしょう。

こちらもお好みに合わせ、変更してみてくださいね!

まとめ

今回は、Instagramに投稿した画像をサイトに表示させる方法についてご紹介しました。

SNSの普及により、現在は多くの人がInstagramを利用しています。

そういった意味でもこれは大いに効果があるはずですから、ぜひあなたもこれを機に、設定してみてくださいね。