イチロー 名言

イチロー選手といえば、世界トップの野球選手としてその名が知られるスーパースター。日本記録を始め、数々の世界記録をも更新し、その実力は世界中の誰もが認めるほどです。

そんなイチロー選手は、野球選手としての実力はもちろんのこと、その人格や野球に対する姿勢、または人生に対する考え方が本当に素晴らしいなと、僕は深く尊敬しています。それらは野球をやっている方だけでなく、どんな分野で生きる人にも共通して学ぶところがあるのではないでしょうか。

今回はイチロー選手の名言から、理想の人生を生きるために大切な考え方について、書いていきたいと思います。

天才について

イチロー選手はよく『天才』という表現をされることがあります。僕もこれについては同感ですが、イチロー選手自身は天才と呼ばれることについてこんな風に語っています。

『努力せずに結果を残せる人のことを「天才」というのなら僕はそうじゃない。努力した末に結果を残せる人のことを「天才」というのなら、僕はそうだと思います。』

多くの人はイチロー選手の才能を羨むかと思いますが、そこに至るまでの努力を考えた時、おそらく真似しようとは思わないのではないでしょうか。それだけの努力を積み重ねたはずですし、天才という言葉で簡単に片付けてしまうのは、イチロー選手に対しても失礼ですよね。

イチロー選手は単なる『天才』ではなく、『地道な努力』で現在の成功を掴んだことは間違いありません。

他人について

イチロー 名言

『自分のしたことに人が評価を下すことは自由だが、それによって自分が惑わされることはない』

多くの人は人間関係に悩み、生きづらさを感じていると思います。言われたことだけをこなす毎日に、本当に自分がやりたいことがわからなくなっている人も多いでしょう。

でもあなたの人生は、あなた以外の人が描くことはできない。誰かに指図されたとしても、その人生はあなたが歩んでいくしかないのです。

他人が決めたレールを歩いて後悔するくらいなら、自分の夢に本気に立ち向かい、失敗を繰り返しながら夢を実現するために努力することが、僕は本当の人生だと思います。

夢について

『夢を掴むことというのは、一気にはできない。小さなことを積み重ねることで、いつの日か信じられない力を出せるようになります。』

超えることは不可能だと言われる記録を、イチロー選手はこれまで数多く塗り替えてきました。2016年には、世界通算安打記録も更新しましたね。

才能があったからだとか天才だからだとか、そういった意見が多いかと思いますが、イチロー選手がやってきたことは、ただ一つひとつの安打を積み重ねてきたこと。決して近道をしてこの成功を掴むことができたのではなく、小さな成功を積み重ねてきた結果が、世界記録の更新に繋がったのです。

僕も野球をやっていたので、この記録がとんでもないものだということはよくわかります。4000本の安打というのは、途方もない数字です。

でもイチロー選手は、決して辞めることなく一本一本の安打をひたすらに積み重ねてきた。大きな結果は大きなことの積み重ねではなく、地道な努力の積み重ねであるということが、このことからよくわかりますね。

いきなり大きなことを成し遂げようとするのではなく、目の前の小さなことに全力で取り組む。

これが夢を叶えるための、一番の近道です。

失敗について

イチロー 名言

『4000本のヒットを打つには、僕の数字でいうと8000回の悔しい思いをしてきている。なにか誇れるところがあるとしたら、そこじゃないですかね。』

イチロー選手が放った4000本の安打という数字は、世界でも3人しか達成していない大記録。これだけを考えてみても、どれだけイチロー選手の能力が優れているのかが容易に理解できます。

でもイチロー選手はその4000という成功体験ではなく、その裏にある8000もの失敗に目を向け、そこが自身の誇りであると語りました。

一体どれだけの人が、これだけ多くの失敗に向き合うことができるでしょうか。そしてその失敗から這い上がることができるでしょう。

うまくいった事実ばかりにフォーカスされ、イチロー選手は天才だと称される。でも本当は、イチロー選手の失敗した数は並大抵のものではないのかもしれません。成功を掴むためには失敗する覚悟が必要であり、そのためには困難に向かって挑戦する勇気がなくてはならないということを、イチロー選手から学ぶことができました。

イチロー選手を支えているもの

イチロー 名言

これだけの記録を手にし、それでもなお現役を続けるイチロー選手を、いったい何が突き動かしているのでしょうか?世間では、『相当稼いだんだからもう引退してもいいんじゃない?』とか、『もう後輩にその座を譲ったら?』など、イチロー選手はもう引退すべきだという声も多いです。

そんなイチロー選手を現役でい続けさせる原動力として、彼には常にこんな思いがあるそうです。

それこそが『悔しさ』。去年、世界通算安打記録をこうした時の会見で、こんなことを語っていました。

『僕は子供の頃から、人に笑われてきたことを常に達成してきたという自負がある。だからこれからもそれをクリアしていきたい。』

イチロー選手がここまでの成功を掴むまでには、多くの人の『無理だよ』という声や、夢を笑われた悔しい思いがありました。でもそこから逃げず、自分を信じて地道な努力を続けてきたからこそ、今のイチロー選手の活躍があるのだと僕は思います。

あれだけの才能を持つイチロー選手でも、ここまで成功するとは過去は誰もが想像すらできなかったこと。世界トップのイチロー選手でも、周りから無理だと言われた時期があったんです。

僕たちが何かに挑戦しようとした時も、こういった批判の声は必ずあるでしょう。

そこで諦めてしまうのか、それとも自分を信じて悔しい思いを力に変えて行動に移すのか。イチロー選手ですらこんな体験をしてきたのだと思えば、夢に挑戦する勇気が湧いてくるはずです。

最後に

イチロー 名言 人生

イチロー選手は、そのプレーで世界中の野球ファンを魅了し、そして夢を与えてくれるスーパースターです。でもその影には、たくさんの苦労と屈辱がありました。

世間ではイチロー選手の素晴らしい結果ばかりが映し出され、こういった部分はあまり報道されません。それが故に、『天才』という事実だけで片付けられてしまいます。

僕はイチロー選手の素晴らしさは、こういった気持ちを表に出さずに淡々とプレーをし、そして当たり前のように結果を出してしまうところだと思っています。そして仮に野球選手ではなかったとしても、どんな分野でも大きな成果を出していただろうなと。

夢や目標に向かっている時は、それに反抗する人や障害が必ず現れます。または仕事や人生が辛いと思った時、そんな時はこの記事に書いたようなイチロー選手の言葉を思い出していただき、あなたも勇気を持って何かに挑戦していっていただきたいなと思います。

イチロー選手だからできたことではなく、その一つひとつの過程は誰にでもできることです。

かけがえのない一度きりの人生を最高のものにしていけるように、勇気を持って生きていきましょう。僕もそんな人と共に、理想の人生を作っていきたいと思っています。