イチロー選手がついに、メジャー通算3000本安打を達成しました!

このとてつもない記録に、世界中の野球ファンが熱狂したかと思います。

イチロー選手がここまで積み上げた記録の陰には、想像を絶する苦労がありました。

そんなイチロー選手から、僕は継続することと失敗に向き合う大切さを学ばせていただいています。

今回はそんなイチロー選手の3000本安打達成を記念し、僕なりの考えを交えながら記事にしたいと思います。

イチロー 3000本安打 夢

イチロー選手が3000本安打を達成!!

チロー選手が本日、ついにメジャー通算3000本安打を達成しました!

テレビに速報が流れた時、僕は嬉しさよりも感動の方が大きかったです。

イチロー選手が達成した3000本安打という記録。

これは日本プロ野球会では張本勲さんのただ一人、さらには150年ほどの歴史があるメジャーリーグでもこれまで29人しか達成していない偉大な記録です。

それだけもの凄い記録であること、そしてイチロー選手の偉大さがわかりますね。

イチロー選手といえばこれまで、通算安打記録やシーズン安打記録など、世界記録を次々と塗り替えてきました。

今でこそこのように世界トップの野球選手として認知されましたが、
イチロー選手は昔から誰もが認める野球選手だったのでしょうか?

僕はイチロー選手の言葉や行動、そしてプレースタイルから、
イチロー選手は天才的な才能を持って生まれたのではなく、
努力によって今の姿があるのだと確信をもって言うことができます。

野球選手としてだけでなく人間として僕はイチロー選手を尊敬していますし、
その生き方は僕たちにも通じる学ぶべきところがたくさんあると思うのです。

イチロー選手は本当に天才だったのか?

イチロー選手は以前、ピートローズさんの持つ世界通算安打記録を抜く快挙も達成しました!

他にもこれまで様々な記録を達成してきたイチロー選手ですから、現在は誰もが認める世界最高のプレーヤーであるといえますね。

でも本当に、イチロー選手は昔からそんな才能を持っていたのでしょうか?

誰もが羨む才能の持ち主は、苦労することなくここまでの選手になったのでしょうか?

イチロー選手は世界通算安打記録を塗り替えた時、試合後の記者会見でこんなことを語っていました。

いつも人に笑われてきた悔しい歴史が僕の中にある。これまでそれをクリアしてきた。

小学生の時に毎日練習した時には「プロにでもなる気?笑」、

メジャーリーグで首位打者を獲りたいと言った時は「本気で言ってるの?笑

このように、イチロー選手は挑戦するたびにいつも人から笑われてきたそうです。

人々は、イチロー選手の事実や結果にしかフォーカスしていません。

「世界記録を抜いたから凄い」、「天才だから」、「生まれ持ったセンスがあるから」

これらの事実だけでイチロー選手を判断しているんじゃないかなと僕は思うのです。

そこに至るまでの道が分かれば、イチロー選手をそんな簡単な言葉で片付けることはできないはずです。

イチロー選手の継続する力と失敗に向き合う力

イチロー 3000本安打 夢

イチロー選手のような才能があったら・・・

そんなことを羨ましく思ってしまうことはありますよね。

イチロー選手だけでなく、世の中の成功者を見ればそういう気持ちになることもよくあるかと思います。

ですがイチロー選手は小学生の頃、365日中360日練習をしていた、
高校の頃は深夜までグランドでバットを振っていた。

以前、イチロー選手はこんなことを語っていました。

みんな僕が羨ましいと思ってるけど、僕と一週間過ごしたら嫌になると思う。
4000本のヒット(世界通算記録を抜いた時)の裏には、8000回の失敗があった。

あそこまでのプレーヤーになっても常に自分を高めることを欠かさない、
毎日野球に対して真摯に、そして失敗に対して正面から向き合う、
つまり、継続することを小学生の頃からずっとやめなかったのです。

僕はイチロー選手の結果だけではなく、人の見えないところで常に継続していることに大きな価値を感じます。

僕たちは結果を求めるあまり、その過程をあまり見ようとはしません。

「成功した人はもともと天才だったんだ」、「苦労したことないんだ」と、思ってしまう人が多いです。

華やかな世界の裏には、必ず地味な作業の繰り返しがあります。

先が見えない時にいかに頑張れるか、それを続けられたイチロー選手だからこそこうして素晴らしい結果がついてきたのだと思います。

僕たちの人生でも同じ

僕たちも今から世界一を目指しましょうと言っているのではありません。

一度きりのかけがえのない人生を、最高だったと言って終われるように生きていきましょうと言いたいのです。

僕はネットビジネスに出会い、そして継続することで自分で稼ぐ力をつけることができました。

人は誰でも、気付いた瞬間から人生を変えることができます。

イチロー選手も初めから凄かったわけではありません。

継続することの大切さに気づき、人に笑われることや失敗に向き合ってきたからこそ今の活躍があると思うのです。

遠回りしたと思ったことが、今思うと一番の近道だった

イチロー選手のような偉大な選手でも遠回りをしてきたのなら、僕たちにも近道はありませんよね!

僕自身も理想の未来を手に入れるために地味な作業を継続していきますし、同じ思いの人と一緒に夢を追い続ける人生にしたいと思っています。

自分が主役の一度きりの人生、本当に価値のあるものに時間をつかって生きていけたら幸せですね。