今回は、僕自身がネットビジネスに出会い、
そして急激に変わっていった人生について記事にしていきたいと思います。

今振り返ってみても、
あの時のネットビジネスとの出会い、
そして勇気を出して一歩を踏み出したことが現在の人生に繋がっていると、僕は確信しています。

この記事が、あなたの背中を押す力になれば嬉しいなと思います。

ネットビジネスとの出会い

僕がネットビジネスと出会ったのは、今も僕のメンターである方からのメルマガでした。

何か惹かれるものがあったのでしょうか。

当時の僕はたくさんのメルマガを購読していましたが、

なぜかメンターのメルマガだけを熱心に読んでいたのです。

そこから僕はネットビジネスに出会い、
変わり映えのない人生をどうにかして変えたいと願って、
3万円ほどの教材の購入ボタンを手を震わせながらクリックしました。

今振り返ると、本当にあの時あの決断をしてよかったなと、心から思うことができます。

もしも3万円の投資を恐れ、それまでと同じように何かに消費をしてしまったとしたら。

僕はこの記事を書くことなど絶対になく、
誰かの書いた夢のある記事を、頭を掻きむしりながら見ていたでしょう。

自分ではなく、誰かが人生を変えてくれると妄想しながら。

そこには最高の仲間達がいた

僕はネットビジネスを始めてから、必死に作業を繰り返しました。

元々勉強ができたわけでもないですし、一流大学も出ていなければ正社員になったこともありません。

スポーツばかりをやってきたので、僕が持っていたのはガッツと勢いだけでした。

3万円ほどの投資である程度の成果を出した僕は、
さらにそれ以上の額を投資をし、今いるコミュニティに所属しました。

ここから僕の人生は、急激に良くなっていったなという実感がありますね。

なぜならそこには、同じ価値観をもつ仲間がたくさんいたんです。

抽象的ではありますが、みんな最高の人生を掴みたいという思いを持ってビジネスに取り組んでいました。

そしてそこには利害関係などなく、互いの成功を喜び合える仲間が揃っていたのです。

スポーツの世界や会社の役職争いなどでは、こんなことはないかと僕は思います。

誰かを蹴落とし、そして自分が上にいくというのが社会の一般的な構図ですよね。

でもネットビジネスであれば、皆が一緒に成功することができる。

誰かを蹴落とすことなどしなくても、共に成果をあげていくことができる。

僕たちは皆が皆の成功を喜び合い、そして良質な情報をシェアし合って毎日切磋琢磨しています。

ビジネスで出会った仲間なのですが、
人生を通してずっと付き合っていきたいと思える素敵な存在だと、僕は実感していますね。

全ては自分次第だということに気づいた

ネットビジネス ホシノマオ 人生

僕がネットビジネスに出会って人生が変わったというのは、決して奇跡が起こったわけではありません。

自分で人生を変えたいと願い、投資をし、
そして環境を変えるという行動をしたことが、結果的に今の生活に繋がったのです。

過去の僕はといえば、
人生は思い通りにいくわけなんかないと、本気で考えていました。

才能がある人だけが幸せになれるのだと思っていましたし、
僕は平凡な人生を送ることが宿命なんだとすら思っていたんです。

でもネットビジネスに出会い、勉強と行動を繰り返していくことで、
僕でも思い通りに人生を変えていけるということに気が付きました。

成功するのは才能のある人だけなんかだけじゃなく、
人生は思い通りに変えていけるんだということに気づき、
そして行動に移した人全員に与えられている権利です。

もしもあなたが現在の人生に不満をもっているとするならば、
人生はいつからでもどんな状況からでも変えていけるんだということに気づき、
小さな一歩を踏み出すことが大切です。

ネットビジネスは本当にやるかやらないかの世界ですし、
それを僕は実体験として実感しているのです。

必要なのは勇気と決断

ネットビジネス ホシノマオ 人生

先ほども少しお話したように、僕が最初に取った行動は、
メルマガを購読することと3万円の教材を購入したことでした。

今思うと本当に小さな一歩ですが、当時の僕にとってはとてもストレスのかかる行動でしたね。

でもあの一歩があったからこそ今の僕があるといっても過言ではないですし、
あの時勇気をもって決断できたことを僕は誇りに思います。

当時はその一歩がこんなにも大きなものになるとは考えられませんでしたが、
今思うとその一歩こそが全ての始まりだったんだなと、強く実感することができますね。

何をするにも最初は心にとても負荷がかかりますが、
ネットビジネスで成功するために必要なのは本当に勇気と決断のみです。

スポーツの世界とは違い、才能がモノを言う世界ではありません。

それを体感した僕がこれからは、多くの人の背中を押せるような存在になっていきたいと思っています。

しっかりとした強い勇気、そして、決断力をもって。