堀江貴文さんといえば物議を醸す発言で、よく世間を賑わせていますよね。

それに共感する人もいれば、絶対におかしいという人もいます。

世間に与える影響が大きいからこそ、

何気ないその一言がニュースに取り上げられたり炎上したりもしょっちゅうですね。

今回は、そんな堀江貴文さんの発言の中でもけっこう過激度が高かった

寿司職人修行不要論

から、僕たちの生き方や働き方を考えていきたいと思います。

 

堀江貴文という人物

堀江貴文という人物に対しては、様々な意見があるかと思います。

僕ら世代からしたら、おそらく堀江貴文さんに好感が持てるという人も多いのではないでしょうか?

その発言のもたらす影響力は計り知れないものがありますが、にも関わらず

躊躇せず思ったことを言えるその気持ちの強さは、若い世代にとって憧れの存在でもあるのです。

テレビでも著名人に対しても本音をストレートに言い放つその人間性は

日本人にはなかなかいないタイプですし、だからこそ受け入れがたい人物であることも間違いないですね。

僕は堀江貴文さんの著書をかなり読みましたが、実は言っていることはとてもシンプル、

しかしほとんどの人ができていないことだなと感じています。

堀江貴文さんの「やりたいことだけをやる」精神、これはしたくてもなかなかできることではないですからね。

しかし、このサイトを見てくださっている方はそういった人生を歩みたいと少なからず思っていると思います。

僕は堀江貴文さんからマインド面を学ばせてもらっていますし、

彼の言っていることは実は誰にでもできることだったりするんです。

僕は堀江貴文さんのように、一度の人生を自分に正直に生きていきたいと思うのです。

そういったことも共感していだけたら嬉しいですね^^

堀江貴文さんの唱える「寿司職人修行不要論」

寿司職人が何年も修行するのはバカ」。

かなり過激度の高い発言ですね^^;

堀江貴文さんは常に常識を破る行動をしてきましたから、

過去のしがらみや道徳などをどんどん否定し変えていく力を持っていますよね。

特にこの発言は、ワイドショーでの討論テーマになるくらい注目されるほどでした。

皆さんはどう思われるでしょうか。

たしかに、寿司職人といえば昔から

飯炊き3年、握り8年」と言われるほど下積みが必要な職人技。

世界に誇る日本料理ですし、そう簡単に習得できる技術ではないですよね。

でも、ですよ。

堀江貴文さんを批判する多くの人が言う

我慢して苦労してきた人間にしか、美味しい寿司は握れないのだ

という発言には、僕は何だかしっくりこないのです。

本当に時間をかけなければいけないのか、そしてこれからの学び方とは・・・

時間をかけなければダメ?

現代はインターネットの普及により、

誰でも簡単に好きな情報をすぐに取ることができる時代になりました。

例えば地球の反対のブラジルで何が起こっているのか、晴れているのか、

今流行っている遊びは何なのか、そんなこともリアルタイムで知ることができます。

もしあなたが寿司を握ってみたいと思えば、スマホのグーグル窓に

寿司 握り方 動画」と打ち込めば、ある程度の握り方は知ることができるでしょう。

しかしこれが一昔前、つまり「飯炊き3年、握り8年」

が常識だとされた時代の時はどうだったでしょうか。

寿司の握り方を知りたければ時間もお金もかけて学校に行き、

頭を下げて「教えて下さい」と言わなければ教えてなんてもらえなかった。

携帯電話もない時代には、わからないことがあっても今のようにすぐに

相談することもできなかったでしょうし、次の日にならなければその問題も解決できなかった。

みんなそのように苦労して職人になっていったのだから、

時間をかけて何年も修行するのが美徳とされていたのだと思います。

一つのことを知るためにかかる時間、相談に対してのレスポンスにかかる時間が、

現代より遥かに多く使われていたのです。

しかし現代は、わからないことがあったらすぐに調べることができる、

師匠に連絡をすることができる、YouTube動画でいつでも研究することができる。

このように僕らの生きて行く時代は、

自分の努力・行動次第でどうにでもなるのではないでしょうか。

これからを生きる僕らの「生き方」や「働き方」とは

堀江貴文さんも言っていましたが、10年修行することが意味のないことだとは僕も思いません。

むしろそれだけ修行すれば絶対に人より上に行くことはできると思いますし、

幾多の経験によってどんな苦難にも折れない心が養われているでしょう。

継続する力はどんなものよりも優れているということを僕は信じますし、

堀江貴文さんも「長い間やってきた名店は本当に美味しい」と、その味を認めています。

しかし、僕たちの生きる時代の生活は過去よりも遥かに便利になり、

求める情報にすぐに辿り着くことができますよね。

だからこそ、

自分がどうなりたいのか、

どんな人生を歩みたいのかを真剣に考える必要があると思います。

そして自分が信じた道を歩む強い気持ちさえあれば、それを学べる環境はたくさんあります。

僕は過去の常識のように、会社で一生勤め上げるのが幸せなんだという人生ではなく、

自分の力で誰にも依存しない自由な人生を歩みたいと思い、今の環境に飛び込みました。

誰に言われるでもなく、自分で情報を求めて掴み取ったものです。

そして、インターネットのスカイプやチャット機能を通して、

実際に会うことはなくとも学ぶことができるのです。

インターネットが普及した現在、こんなことは誰にでもできることです。

僕はここで、10年かけて修行しようなんて気持ちはさらさらありません。

自分の夢の実現のために、限られた時間でやるべきことに全力を注ぐ。

これだけ便利になった世の中だからこそ、それを享受して情報を掴み、最短で人生を変える。

過去の常識を否定するわけではなく、

現代はそれができる時代なら、それを存分に生かした方が絶対に良いです。

気づかぬうちに世界は変わっていきますし、学び方もどんどん変わっていっています。

僕らはそれにいち早く気づき、過去の常識に縛られずに生き方・働き方を変えていきましょう。

知りたい情報は今すぐ知れる、学びたいものは今すぐ学ぶことができる。

現代は過去よりもより速く、夢に到達できる環境にあります。

時間をかけなければいけないのではなく、

質の高い情報を自分で掴んで成長していきたいですね。