5月病 ストレス

この時期になると、いよいよ5月病を発症される人も増えてくるのではないでしょうか?(笑)新年度を迎え、気合を入れて仕事に向かっていた日々から一転、もはや仕事に行きたくない…。こんな状況に変わってしまっている人も多いと思います。

では一体なぜ、多くの人が5月病になってしまうのでしょうか?

今回はその原因から、5月病にどのように向かっていけばいいのかについて考えていきたいと思います。そもそも治すことを目指すより、働き方自体を変えていったほうがいいのかもしれません。

そもそも5月病とは??

5月病 ストレス

そもそものところ、5月病ってなんなのでしょうか?

日本においては、新年度の4月には入学や就職、異動、一人暮らしなど新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明け頃から起こることが多いためこの名称がある。

Wikipediaより引用

Wikipediaにはこのように書かれています。

4月から始まる新しい生活に心が躍るものの、だんだんと社会の厳しさを知り気が滅入っていく…といった感じでしょうか。5月はゴールデンウィークもありますし、その長い休みが過ぎたあたりから発症する人が多いようですね。

でも実際のところ、これは病気でもなんでもなく、単に気持ちの問題だともいえます。要は体は元気なんだけれども、心がそれについていっていない、つまりは毎日の生活に嫌気がさした状態であるということ。

だからその気持ちの部分や生きることに対しての価値観を変えてあげれば、5月病になんてかからないはずだと思うのです。

5月病の原因はストレス?

5月病 ストレス

5月病の原因は、やはり『ストレス』からくることが多いようですね。4月から新しい人間関係が作られ、今までとは違った環境での生活が始まるこの時期は、色々なストレスを抱えることが多いです。

新入社員であれば、会社の上司や先輩にへの対応で気疲れしてしまったり、満員電車の洗礼を受けたり、学生時代の自由な毎日からは真逆の生活になってしまったり…。

または人事異動や転勤などで、今までとは関わる人がまるで変わってしまったり。

そういった色々な要素が組み合わさり、5月のGW明けくらいから仕事にやる気が出ない人が続出する、つまりは5月病にかかる人がたくさん出てくるということですね。

でも多くの人は、このストレスは当然だと考えます。仕事をするということは我慢をすることだとか、嫌な人とも付き合っていかなきゃいけないとか、大人になるとはそういうことだとか。

『ストレスは受け入れるしかなくて、それは我慢しなければいけないもの』という風に考えている人が多いと思うんですね。

でも、この5月病を我慢して、ストレスを抱えながら何とか乗り越えていくことを毎年毎年死ぬまで繰り返していくのって、僕は相当辛いんじゃないかなーと思います。

そうではなく、方向性を『我慢すること』から『解放すること』に変えていくべきなんじゃないかなと、僕は思うわけです。

”治す”ではなく”働き方を変える”

ストレス 原因

5月病を乗り越えて、そこからまた一年頑張ったとしても、次の年には必ず5月がやってきます(笑)ということは、去年と同じようにまた5月病にかかってしまうということですよね。

一時は解決したように思えても、結局は時間がたてば再びその問題はやってくる。それでは解決とは言えないし、いつまでたっても我慢の多い人生になってしまいます。

だからこそ、5月病を”治す”ことを目指すのではなく、”働き方を変える”ということを目指すべきだと僕は思います。一時的に治すのでは、根本的な解決にはなりませんから。

僕自身も、そんなストレスや我慢の多い人生から何とか抜け出したいという思いで、インターネットを使って起業するという道を選択しました。

西洋医学的な『部分を応急処置する』というやり方ではなく、もっと全体を意識して根本から変えていくということをやるべきです。

今はそれが誰にでも可能な時代になりましたから、5月病を”治す”という方向性ではなく、”働き方を変える”という方向性で、自分の人生を一度見つめ直してください。

僕の無料のメールマガジンではそんな生き方を発信していますので、ぜひ登録してみてくださいね。