今回は、WordPressで画像を使う時にサイズを自動的に変更してくれる便利過ぎるプラグインをご紹介いたします。

僕はこれまで画像を使う度に自分で幅を変更していたのですが、このプラグインを見つけてからはその手間が省けて作業もかなり効率化しました!

そんな便利なプラグイン『Imsanity』について、お伝えしていきますね。

 

まずは『Imsanity』をインストール!

まずはいつも通り、プラグインのインストールをしていきましょう。

プラグイン』→『新規追加』、検索窓に『Imsanity』と入力しインストール、有効化まで忘れずに。

有効化が完了し、設定の中に『Imsanity』が追加されていましたらオッケーです。

続いて設定していきましょう!

『Imsanity』を設定しよう

設定』の中の『Imsanity』をクリックすると、

 

画像 サイズ 変更Imsanity 

 

このような画面になりますので、設定をしていきます。

基本的に変更するのは、画像の赤枠の中だけでオッケーです。

一番上の『Images uploaded within a Page/Postでは、投稿ページと固定ページでの画像の最大サイズを指定することができます。

左が「横幅」で、右が「高さ」です。

僕はそれぞれ、500と0に設定しています。

なぜ高さが0なのかというと、0以外で設定してしまうと高さのサイズが優先されてしまい、横幅が設定したサイズと違ってきてしまう場合があるからです。

なので高さは0に設定していきましょう。

mages uploaded directly to the Media Library』は、メディアライブラリーから直接画像をアップロードする場合の画像の最大サイズの設定なのですが、僕はここから画像を挿入することはまずないのでデフォルトのままです。

Images uploaded elsewhere (Theme headers, backgrounds, logos, etc)』は、上に挙げた二つ以外の画像の最大サイズの設定です。

ヘッダー画像、ロゴ画像、背景画像などですね。ここもデフォルトのままでオッケーです。

JPG image quality』はJPG画質ですので、ここもデフォルトで。

Convert BMP To JPG』『Convert PNG To JPG』は、両方ともYESに設定しましょう。

これで完了です。

忘れずに『変更を保存』をクリックしてくださいね!

試しにアップロードしてみる

設定が完了したら、確認のために画像をアップロードしてみます。

いつものように『メディアを追加』から、画像をドラッグ&ドロップ。

すると、

 

画像 サイズ 変更

 

見事、指定したサイズに変更されています!

これなら画像を挿入する度に変更しなくて済むので、めちゃめちゃ楽ですね!

過去にアップロードした画像も変更できる

さらにさらに『Imsanity』では、過去にアップロードした画像の大きさも全て変更することができます。

 

画像 サイズ 変更

 

これもめちゃめちゃ簡単で、『Search Images…』、『Select All』、『Resize Selected Imagres』の順番でクリックするだけです。

少し時間はかかりますが、待っていれば完了するので安心してください。

たったこれだけの作業で、過去の画像サイズも全て自動変更してくれます!

まとめ

画像を一枚一枚サイズ変更するのって、地味に面倒くさいですよね。

僕もそれをずっと感じていたのですが、このプラグインを見つけてからは急速に作業効率がアップしました。

スマホなどで撮影した画像をアップロードすると、そのままだととても大きなサイズになってしまったりもするのですが、これを設定しておけばそんな場合にもしっかりと自動変更してくれます!

あなたも作業効率化のために、ぜひ設定してみてくださいね。