あなたは毎日、日記を書いていますか?または書こうと決めても数日後には面倒くさくなったり、すぐに飽きて書かなくなることはありましたか?

最近僕は、日記を残しておくことで、過去の自分が今の自分に教えてくれることがたくさんあることに気がつきました。うまくいっている時だけ書くのではなく、何かに苦しんでいる時にも日記を書いておくことにより、それは将来のあなたを勇気づけてくれる大きな存在になりますよ。

 

日記の効果的な書き方

日記を書こうと思っても、どんなことを書けばいいのか、またはどのくらいの量を書けばいいのかと、色々と迷ってしまうこともあるかと思います。文章を書くのは面倒くさいなぁとか、日記を書く時間が確保できないなど、書くこと自体が億劫になってしまうこともあるでしょう。

ですがそもそも、どんな内容をどのくらいの量で書くのか、または一日のどのタイミングで書くかということに、決まったルールなどありません。日記は基本的に人に見せるものではないし、自分の人生を豊かにするために書き残すもの。そこをしっかりと意識していきましょう。

日記は書くことが目的ではない

日記 効果的 書き方

日記というのは、書くことが目的ではありません。書いた日記をあとで見直すためのものです。なので、毎日やらなければいけないという意識で書こうとすると、長続きはしないはずです。効果的な日記を書こうと頑張るのではなく、気づいたことをメモするくらいの意識で書く。そうすると長続きしますし、あとで見直した時に新たな発見も生まれます。

日記は自分のために書くものですから、書かなければという気持ちは捨てましょう。

いつでも書ける状態にしておく

日記 効果的 書き方

例えば夜にまとめて日記を書こうとすると、一日を振り返って文章を考えて、書いているうちに嫌になっていく…。なんてことにもなりかねません。それでは自分のためにはならないですし、強制されて書いているようなものです。

そうではなく、常にメモ帳を備えておき、気づいたことをすぐにメモできるようにしておくといいですよ。きれいな文章にする必要はないですし、あとで見直した時に思い出すことができれば充分です。気づいた時にメモを取らないと人間はすぐに忘れてしまいますし、それではせっかく浮かんだアイデアがもったいないですよね。手帳ではなくても、スマホにメモをするのでもオッケーです。

『日記は夜にまとめて』などと決めつけるのではなく、普段から気軽にメモをする癖をつけることにより、効果的に日記を残していくことができるようになりますよ。

日記を書くことのメリット

それでは次に、日記を書くことのメリットをご紹介していきます。

思っていることが具現化する

日記 メリット

日々生きていると、何かに悩んだりする場面は多いかと思います。いつまで経っても忘れられないことや、なかなか一歩を踏み出せないこと。それらを抱えて生きていくのは、精神的にも辛いですよね。

でも日記に書き出してみると、意外と大した悩みではなかったことに気づくことがよくあります。『こんなことで悩んでいたのか』と感じ、やってみたら案外できてしまったというケースです。

文字にすることで、あなたの心の中にあるものが具現化し、自分は本当はどうしたいのかが見えてきます。ただ思い悩んでいるよりも、思い切って全てを書いてしまった方がいいんです。日記は誰に見せるわけでもないですから、自分の気持ちをひたすら書き殴ってみるのもいいですね。

ポジティブな気持ちになる

日記 メリット

日記を書く時は、その日にあった良いことをたくさん挙げることも大事ですね。どんな出来事があったのか、なぜ良い日だと思ったのかなどを書くことで、自分は一体何に幸せを感じるのかが理解でき、改めてその日に感謝することもできます。

良いイメージで一日を終えることができれば、次の日の目覚めも大きく違ってくるでしょう。逆にネガティブなことを考えながら眠りについたら、寝付けも目覚めもよくないはずです。

悪いことではなく、良かったことにフォーカスしてそれを文字に残しておくことで、あなたの心は無意識に幸せを感じられるようになっていきますよ。

過去の自分が大切なことを教えてくれた

日記 メリット

僕はネットビジネスを始めて全く稼げていなかった時、毎日日記を書いていました。最近たまたま見てみたのですが、かなり苦しんでいる様子も伝わってきました…(笑)

その反面、僕はそんな過去の自分から勇気をもらうことができました。当時の僕は全く稼げていなかったにも関わらず、もの凄く根拠のない自信をもっていたのです(笑)なんであんなに自信をもつことができたのか…と思うくらいです。

記事を書いても書いても収益が上がらない時期が長かったですが、僕は稼げることを信じて作業していました。先が見えない時期もあったけど、それでもメンターのもとで『行動すること』だけは忘れずに。

その時の僕は、書いている日記が将来の自分を勇気づけるなんて思いもしませんでした。なにせその日記は感情むき出しで、ネガティブなこともたくさん書いてありましたから。でもそのネガティブな日記の中には必ず、『先が見えない今を乗り越えれば必ず成功できる』という前向きな表現も隠れていました。

『あの時の僕は、先が見えない真っ暗の中でも頑張ることができたんだ。』

結果が出なくても、成功を信じ前を向いていた当時の自分から、何か大切なものを教えてもらった気がしたんです。

初心を忘れない

日記 メリット

ネットビジネスの世界には、大きく稼いだら人格が変わってしまう人もいます。人を見下すようになったり、傲慢な態度をとったり、稼げばオッケーみたいな人がたくさんいるんです。

そうなってしまったら、やっぱり長く稼ぎ続けることはできないですよね。そんな人から商品は買いたくないし、周りの人も離れていってしまう。そもそも人生がうまくいくわけがありません。

僕は過去の日記を見て、あの時の自分を忘れてはいけないと思いました。いつまでも学び続けなければいけないし、現状維持を求めたら後退してしまいます。どれだけ稼げるようになろうとも、人間として常に成長していくことが大切なんです。

うまくいかない時に前を向くのは簡単ではありません。辞めたくなってしまうこともあるでしょう。でも僕がその時期を乗り越えられたのは、そんな時にも根拠のない自信をもち、素直な気持ちを日記に書き殴っていたからだと思います。そしてその言葉たちは『続けていれば絶対に光が見えてくる』という風に、今でも僕の心の中での大きな支えになっています。

日記を書くことは、あなたに多くのことをもたらしてくれます。それを僕は経験してきました。ぼんやりと日々を過ごすのではなく、毎日を価値あるものに変えていきましょう。自分の思いを言葉に書き出していくことで、それを現実のものにすることができますよ。