今回は、アップロードしたYoutube動画のコメント欄と評価を非表示にする方法をご紹介していきます。

とても簡単ですのでこちらを参考に、ぜひ試してみてくださいね!

 

デフォルトの設定を変更する方法

ここでは、アップロードする全てのYoutube動画の設定をデフォルトから変更する方法を紹介します。

まずは『クリエイターツール』をクリックし、Youtubeのダッシュボードに入ります。

そうしましたら

 

Youtube コメント欄 評価 非表示

 

チャンネル』の中の『アップロード動画のデフォルト設定』をクリックしましょう。

するとこのような画面が表示されますので、

 

Youtube コメント欄 評価 非表示

 

コメントと評価』の2つのチェックを外せばオッケーです!

これでアップロードしていく動画のコメント欄には『この動画にはコメントできません』と表示されるようになり、評価もできなくなります。

*『変更を保存』を忘れずに!

個別のYoutube動画だけ非表示にしたい場合

お次は全ての動画ではなく、個別のYoutube動画だけ変更したい場合の方法についてご紹介していきます。

同じく『ダッシュボード』から、『動画の管理』へ入り、

 

Youtube コメント欄 評価 非表示

 

編集』をクリックします。

 

Youtube コメント欄 評価 非表示

 

詳細設定』をクリックするとこのような画面になりますので、先ほどと同じくこの2つのチェックマークを外しましょう。

たったこれだけで、個別のYoutube動画のコメント欄と評価を外すことができました。

こちらも『変更を保存』を忘れずに!

最後に

Youtube動画のコメント欄や評価は、ご自身の好きで付けたり外したりしていいかと思います。

というのも、やはりコメント欄が盛り上がっている動画は視聴者も多いということですし、
それを理由に注目され、さらに視聴回数が増えるという可能性もあるからです。

ですが、誰でも自由にコメントできるというのはやはり、その逆も然りだということ。

そのあたりを自分でうまく見極めて、
そういったコメントや評価を受け入れたくないと思えば外してしまっていいでしょう。

あなたにとってストレスのかからないよう、Youtube動画を管理していってくださいね。