新しくサイトを立ち上げ、AdSenseManagerをインストールしようとすると、過去にはあったはずのこのプラグインが、現在はもう使えなくなっています。

とても便利なプラグインだっただけに残念ではありますが、その対処方法として、代わりとなるとても簡単で使いやすいプラグインを今回はご紹介していきます。

その名も『Advanced Ads』

設定も簡単ですので、AdSenseManagerが使えなくなって困ったという方はぜひこちらを取り入れてみてくださいね。

Advanced Adのインストール

まずはいつものように、プラグインをインストールしていきます。

『プラグイン』→『新規追加』から、検索窓に『Advanced Ads』と入力。

 

AdSenseManager 代わり プラグイン

 

インストールをし、有効化までしていきます。

Advanced Adsの設定方法

有効化まで完了すると、

 

AdSenseManager 代わり プラグイン

 

ダッシュボードに『Advanced Ads』が出てきますので、そちらをクリックし、

 

AdSenseManager 代わり プラグイン

 

その中の『Settings』を選択しましょう。

 

次の画面では、

 

AdSenseManager 代わり プラグイン

 

『AdSense』をクリック。

 

AdSenseManager 代わり プラグイン

 

このような画面になりますので、『AdSense ID』の枠の中に、あなたのIDを入力してください。

Google AdSenseの管理画面から、『広告の設定』→『広告ユニット』と進むと、広告のIDが見つかります。

使用したい広告のIDをコピーして、この枠の中に入力していきましょう。

ちなみに、IDの前に『pub-』と入れてからIDを入力しないと先に進めませんのでご注意ください。

入力し終えたら、青いボタンでセーブしましょう。

そうしましたら、今度は左のダッシュボードの中の『Ads』の画面に入っていきます。

 

AdSenseManager 代わり プラグイン

 

まずは、

 

AdSenseManager 代わり プラグイン

 

上の方に出てくる『New Ad』を選択します。

タイトルを入力する画面になりますので、

 

AdSenseManager 代わり プラグイン

 

管理画面内で使うだけですので、ご自身でわかりやすいような名称をつけましょう。

次の画面では、

 

Add New Ad ‹ たまちゃんの華やかなライフスタイル — WordPress (1)

 

一番上の『Plain Text and Code』を選択して、一番下の『next』を。

そうしましたら、

 

AdSenseManager 代わり プラグイン

 

このような画面になりますので、赤枠の中にあなたの広告コードを入力します。

Google AdSenseの管理画面から、『広告の設定』→『広告ユニット』、と進み、使用したい広告の『コードを取得』をクリックすると、コードが表示されます。

そちらをコピーして、この赤枠の中に貼り付けましょう。

その後は、

 

AdSenseManager 代わり プラグイン

 

『default』を選択、

 

AdSenseManager 代わり プラグイン

 

何も変えずに『next』をクリックし、最後の画面で

 

AdSenseManager 代わり プラグイン

 

『save』をクリックしましょう。

すると、

 

AdSenseManager 代わり プラグイン

 

こんな画面が出てきます。

赤枠の中のコードがAdSense広告のコードなので、こちらを記事のお好きな所に貼り付けることにより、広告が表示されるようになります。

どこかにこのコードをメモしておき、すぐに使えるようにしておきましょう。

以上が『Advanced Ads』のインストールと設定方法の解説です。お疲れさまでした!

まとめ

今回は、AdSenseManagerの代わりとなる便利なプラグイン『Advanced Ads』をご紹介してきました。

AdSenseManagerがとても使いやすかったために、これが使えなくなった時はどうしようかなと思っていましたが、Advanced Adsはそれにも勝るほど使い勝手が良いので、あなたもぜひ使ってみてくださいね!

AdSenseManagerの代替案として、このプラグインはオススメです!!